2021年を振り返って

いよいよ大晦日ですね。今年もコロナ一色でしたが皆さんは平常心で過ごせましたか?

ここ数年で夜間の歯ぎしりや食いしばりをしている人が激増したと感じています。多すぎる情報によってかえって不安要素が覚え、ストレスを感じる人が増えているのではないでしょうか?

そんな中、皆さんにとって今年はどのような1年でしたか?良い事がありましたでしょうか?

私は有難い事に今年もとても良い1年となりました。

ではここで今年1年、私にどのような事があったのか振り返ってみたいと思います。(え、興味無い?まあ付き合って。)

2月:ノルディックウォーキングに出会えた。自分の現状(年齢や体力)に合った運動に切り替えていく事も「知恵」のうちだと思います。
4月:接着歯学会の専門医適合試験に合格した。現在のところ兵庫県で私一人だけです。
4月:友人のNさんと共に淡路島へ。最近歯科と関係の無い方との出会いが増え、とても楽しい。
4月:新しい家族が増えた。オスのウサギなので名前は「うさお(さん)」になった。何故か家族全員が彼の事を「さん」付けで呼ぶ。
5月:レントゲン装置を入れ替えた。凄く高価だったが本当に良い(意味のある)買い物だった。
6月:友人のNさんとYさんから誕生日のお祝いをしてもらった。恥ずかしながら、こんな形で誕生日を祝ってもらったのは人生初でした。大企業に勤務され、海外赴任の経験をお持ちの文系出身のビジネスパーソンであるNさんとYさん。研究室や診療室に籠っている理系出身の個人事業主である私とは対極にある彼らとのお付き合いは、まさに「学びと気付きの宝庫」です。
8月:息子達とキャンプに行った。最高でした。来年も連れていってやろうと思い、中古のN Box +を買いました。
9月:ゴルフの練習を開始したが11月に止めた。ゴルフ自体は楽しそうだったが、残念ながら今の私にはこれをやる時間が無い事を悟った。
10月:スタディグループで発表。今年は学術的な発表をする機会が多い一年だった。発表は自分自身の知識の整理になり、非常に有益です。
11月:断捨離中のくせに S660 を追加購入購入する事にした。しばらくは軽四3台持ちとなって、嬉しい悩みが増えそうです。
12月:岡山大学での最終講義。と、思っていたが教授のご配慮で来年もう一回臨床講師として講義できる事になった。大学で若者に講義をすると良い刺激をもらえるので幸せ。
12月:日本口腔インプラント学会で優秀発表を受賞した(共同研究者だけど)。光栄な事です。

と、このように良いモノや良いコトに恵まれてハッピーなニュースばかりでした。

でも、一番ハッピーなニュースは良いヒトがもたらしてくれました。

昨年末から西本さんが、今年の4月からは木村さんが英保歯科のチームメンバーに加わってくれて、先輩2人(和気さんと森さん)から多くを学び、英保歯科の受付の雰囲気が「私の理想とするカタチ」に限りなく近付いてきました。本当に有難い事です。

私が思う理想の医療従事者(受付)はこのような方です。英保歯科の受付スタッフは私の理想を現実に変えようと日々努力してくれています。もう、夢のようです。

6年前から断捨離を徹底して行ってきて解った(気が付いた)「ハッピーになる方法」を聞いて下さい。

①愚痴を言っている暇があったら、自己研鑽の努力をする。但し、正しい方向にのみ最大限の努力して、正しくない方向の扉はサッサと閉じる(不毛な環境からは去る)。

②モノやコトに関しては「足るを知る」が大事。情報も同じ。検索もホドホドにしておいた方が幸せ。

③ヒトに関しては「幸せの青い鳥は、実はすぐ傍にいる」と家族や周囲の方々に感謝すると同時に「悪縁は徹底的に断つ」努力をする。「後ろ向き全力疾走」と付き合っていると気が付かないうちに強く影響を受けてしまう。

気が付けば最近はこんな風に考え、行動するようになっています。

来年は私の年、寅年です。私も健康に留意して頑張りますが、皆様も虎のようにアグレッシブに前進され、素晴らしい年となる事を祈っております。

保険のCAD/CAM冠の長所・短所

はじめにお断りしておきますが、今回お話する事はあくまでも私の個人的な見解であり、厚生労働省が認可し歯科医師会や各種学会が安全として採用している治療方法を否定するものでは、一切ありません。

「保険でも結構奥歯まで白い被せに出来るようになりましたよ。お安く出来ますので、今回の虫歯の治療は銀の被せではなく保険で白い被せにしませんか?」と担当の歯科医師から説明された事はありませんか?

それは保険のCAD/CAM冠という、かなりの強度を持ったプラスチックのブロックを削り出して作った被せ(クラウン)の事です。

【注意】今回お話する保険のCAD/CAM冠は被せ(キャップ形態のもの)であって、保険で出来る白い詰め物(コンポジットレジン充填)とは全く異なる治療方法です。混同しないようにして下さい。

この保険のCAD/CAM冠ですが、英保歯科では過去に数本程度の治療経験がありますが、その数回の使用経験から思うところがあって最近は全く使っておりません。

最近は「ジルコニアの被せか金の被せか、あるいは保険の銀(色)の被せ」から選択する事がほとんどで、保険のCAD/CAM冠は、もう長くは持ちそうにない程に傷んでしまっている歯で、かつ目につく部位にある歯に対して「短期間の最後の『死に化粧』として使う」事が稀にある程度です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、「他院でやってもらった保険のCAD/CAM冠が脱離した。」との事で来院されたお客様がおられましたので、この症例を通して私が思う保険のCAD/CAM冠の長所と短所についてお話したいと思います。

中央が保険のCAD/CAM冠です。右は保険の銀歯。左はご自身の無垢の歯。左は最高のクオリティ、尚且つタダ(0円)!

この中央の保険のCAD/CAM冠が外れちゃているそうです。指でそっと引っ張ってみると・・・。

内部の歯がこんな風に真っ黒けになっています。何で?何が起こったの?
その外れた保険のCAD/CAM冠の内側を見てみましょう。元々は白くて綺麗だったはずの内面ですが、ご覧のように黒いものがいっぱい固着しています。何で?

保険のCAD/CAM冠の長所:
1)値段が安い

保険のCAD/CAM冠の短所:
1)高強度といっても、しょせんプラスチックなので咬合力(ものを食べる力)がかかる度に変形・復位を繰り返し、界面の接着が少しずつ破壊される。完全に外れてしまうまで、クラウンと歯の間が開いたり閉じたりしてポンプのようになり、食べカスや虫歯菌や歯周病菌が内部に侵入する。場合によっては内部を真っ黒な虫歯してしまい、その歯の寿命を非常に短くしたり、しばしばターミネートする。
2)歯を削る量がとても多い。歯を削る量は (レジン充填<)金や銀(色)の金属の被せ<ジルコニアクラウン<eMAXなどのガラスセラミックスによる被せ<保険のCAD/CAM冠となる。理由は(プラスチックなので)割れてしまったり、変形による早期の脱離を避けようとしてクラウンの厚みを厚くする必要があり、結果的に歯を細く削ってしまうようになる。歯の寿命は残存歯質量に比例するので、歯を細く小さく削ってしまうと、場合によってはその歯の寿命を非常に短くしたり、しばしばターミネートする。

早期に外れるとトラブルの原因になるので歯科業界は少しでも長い間外れないように接着剤などを改良する努力をしているが、しょせんプラスチックの歯なので何をやっても上記の現象は避けられない。個人的には「むしろ早期に外れてくれた方が歯のためにはマシ」とさえ思えてくる。

とにかく今回は、この(外れてきた)保険のCAD/CAM冠をできるだけ綺麗に清掃して再度装着させて頂きました。しばらくはくっついているでしょう。

他院の担当の先生が責任を持って説明し、こちらのお客様もその時に自己責任でお選びになった上で、お二人で施行された保険のCAD/CAM冠の治療です。(この方と私との信頼関係が確立されていない現時点で)私が保険のCAD/CAM冠についてとやかく言っても「自由診療を勧めてくる、儲け主義の歯医者!?」と誤解される恐れがあります。何年か予防歯科で当院に通院して下さった暁には、私を100%信じて貰えるようになるかも知れません。その時を待ちたいと思います。

チーム英保歯科とお客様とで協力して一生懸命行った自由診療の仕事です(技工は Dental Digital Operation 様)。緑はご自身の歯に被せたジルコニアクラウン。お客様の希望で根管治療をしなかっので、1本10万円程度です。(青はインプラントの上部構造にジルコニアクラウン使いました。2本のインプラントを含め、この4本の治療費は合計で100万円程度かかりました。)
他院で行った保険のブリッジが入っていたのですが、「ちゃんとした治療をして欲しい」とのご希望で英保歯科にお越し下さいました。
緑に対して本当は根管治療とコアからやり直しさせて頂きたかったのですが、この時はまだお付き合い始まったばかりだったので無理でした。今ならOKが出るよ、きっと。

保険のCAD/CAM冠も自由診療のジルコニアクラウンも、どちらも白い歯ではある訳ですが、あなたはとどちらに Value for Money を感じますか?

私なら同じ白い歯でも100%自由診療のジルコニアクラウンの方に感じますね。

おっと、その前に「予防して自分の歯を虫歯や歯周病にしない努力を選択します。」と言うべきですね。そうすればタダで最高のものを手にし続ける事ができるのですから。

LINE で伝える事の難しさ

LINE の恐ろしさは高校生の娘から聞いて重々知っていたつもりですが、やらかしちゃいました。
「スマホなんか恐ろしくて持てない。持ってる友達を見ていたら、とにかく『ややこしそう、大変そう』だと思うから。」と断言している高2の彼女は、本当に賢明だ。

LINE はいつでもどこでも気軽に送受信できる反面、表情や声のトーンが全く判らないので、思っている事や意図して事と「全然違ったように伝わる」可能性があります。

今回、私のとても大切な人に対し良かれと思って送ったメッセージが、彼女(や彼女のご家族までも)を不安にさせてしまうという大失敗をしてしまいました。翌日、対面で正直に「凹みました。」と言ってくれたお陰で自分の過ちを悟る事ができ、本意と違う事を説明し平謝りに謝って、何とか許してもらえたように思えます。

相手が誠実な方であればある程、極力 LINE を使わない方が良いなと痛感しました。私の回りの人は誠実な人しかいないので、今回の経験から、そして娘のアドバイスからも「基本的にLINE での会話は止めておく」位の勢いで丁度良いのだろうと思っています。

今現在でも、世界中で紛争や戦争が起こっています。我が国も隣国との関係がどんどん悪化しています。これらの不幸な状態も、お互いに会った事もない相手に対する誤解の結果起こっているのかも知れません。実際に会って表情や目を見ながら話をしてみたら「あの国の人達も会ってみたら『大切な家族がある、我々と同じ人間』だった。」という風になるんじゃないかな。

このブログも文字で書いているので、私の想いが意図した通りにちゃんと伝わっているか不安になってきました。気を引き締め、一言一言に注意を払って発言しようと思います。

ベジタリアン天国「野菜馬鹿・ベジ吉」@福島

昨日は IMEDI のジョージア国の本格家庭料理のお話をしました。私は40年以上前(18歳の時)に肉類を断ってペスクベジタリアンになったのですが、先日一念発起してこのブログ上で「ベジタリアンを辞めます」宣言をしました。

その直後にブロンコビリーでハンバーグの欠片を食べてみたのですが即刻ギブアップ。気持ち悪くてとてもとても喉を通りませんでした。「心が受け付けない」という感じです。紅白に出場する藤井風の影響を受けて菜食主義になろうと思っている方は、私みたいにならないようにほどほどにしておいて下さいね。

そんな私でも努力の甲斐があって最近はオムライスやポテトサラダに入っているハム程度はほじくり出さずに「感謝して戴ける」ようにはなりました。相当頑張ってこれなので、これ以上は難しそうですが・・・。

先日の肉料理が中心の IMEDI での会食の際、友人の Y さんと N さんが私に気を遣ってベジタリアン料理が提供できないかを聞いてくれ、ちゃんと手配してくれていました。お二人共世界中を飛び回っていた一流のビジネスパーソンなのでベジタリアンに対する理解も深く流石だと思います。本当に有難う御座いました。

友人の Y さんと N さんと共に(IMEDIにて)
幸運な事にIMEDIのお隣が「野菜馬鹿・ベジ吉」だったのです。

IMEDIの池田さんと相談して、お隣にあるベジタリアンレストラン「ベジ吉」からケータリングして下さったのです。

全部野菜だけでできています。ビーガンでも安心。
ベジ吉には魚料理や肉料理もあります。次は兄や弟と来てみようと思います。2次会はもちろんお隣のIMEDIでワインですね。

イヤー、とっても美味しかったし、楽しかった。皆さん、本当に有難う御座いました。

福島・IMEDIのジョージア家庭料理

ジョージア国の方から直伝された本物のジョージア家庭料理を食する事ができるのは日本に2軒しかないそうです。そのうちの一軒は東京に、そしてもう一軒は我が関西は大阪・福島にあるIMEDIさんなのです。偉いね!(You Tubeで人気の自動車評論家、うな丼さん風)

その偉いのが、こちらのIMEDIさんです。
シュクメルリ
鶏肉ガーリックソテー&ホワイトクリームソース仕立て
800円

拝見していると、調理に結構な手間がかかっていました。その割には値段設定が良心的だと思いました。

ハチャプリ
ジョージアオリジナル チーズ入りナン風
2個 500円
ヒンガリ
ジョージアオリジナル 肉包み(ボイル調理)
2個 500円

写真の色目が悪いのでそれなりの雰囲気に見えてしまいますが、とても美味だったそうです。美しい写真と詳しいメニューはこちら!

私は肉を食べないので全種類とも一切口にしませんでした。頑固でスミマセン。その間、英保先生は何を食べていたのかって?それは明日お話しますね。

ふるさと納税でポムポムプリンのケーキをゲット。

中小企業の個人事業主なので、多少はふるさと納税を楽しむ事ができます。

断捨離中の私ですから、モノは増やしたくないので家電や家具、グッズなどには一切興味ナシ。妻と子供達に「ふるさと納税したいんだけど、返礼品を選ぶのがダルい。食べて無くなるものだったら何でも好きなものを選んでいいからやってくれる?」とお願いしておいたのですが、本当に「何でも好きなもの」を選んだみたいです。

こんなチョコの塊みたいなケーキを山ほど頼んでどうすんの。子供たちは普段食べ慣れていないから鼻血が出るよ。
後ろの大きな箱にはこのケーキの巨大版が一個入っているそうです。

クリスマスのミサに行って以降、我が家は既に年末年始の休みの雰囲気に包まれています。家族全員が穏やかでにこやかな顔になっています。来年の為に充電したいと思います。

カトリック教会のミサに行ってきました

クリスマスイブの昨夜、仁川教会のミサに家族揃って参加してきました。キリスト教にはカトリックとプロレスタントがありますが、仁川教会はカトリックの教会です。私の家族は誰も洗礼を受けていませんし、キリスト教徒ではありませんが、子供4人全員がミッションスクールに通っていたので、「クリスマスはイエス様の誕生を静かにお祝いする」習慣が家庭に染み付いているのです。

カトリックの教会内には誰でも入る事ができます。

今年は特に、中1の長男が「仁川教会のミサに行きたい。」と強く希望していました。青春の悩みを多く抱えている多感な時期ですが、神戸友の会幼児生活団や小学校でイエス様の愛について学んでいたために、ミサに行けば何か活路が開けると無意識に思ったのではないかと想像しています。

三田には関学がありますが、関学はプロテスタント系の学校です。対するカトリックは儀式(=プラクティスと言います)を重んじるので「重い」イメージがありますが、訳が解らなくてもプラクティスに参加していれば場の雰囲気から信者さん達の信仰の重さを肌で感じる事ができて、良い経験になります。

様々な文化や哲学や宗教に対する知見を深める事は自分の人生を豊かにしてくれると、自らの経験から、強く思います。

特にクリスマスのミサは心にしみる雰囲気がありますので興味がある方は参加してみると良いと思います。

グルジアって言ったらダメらしい

「ジョージアのワインが飲めるお店に連れて行ってあげる。」と、友人のNさんに誘ってもらってホイホイ。

ジョージアかァ。♫ジョージア♪ジョ~ジァア~♫。カリフォルニアワインとかチリワインなら知ってるけど、ジョージア州のワインって聞いた事ないなァ。珍しいワインで楽しみだ。

着いた、着いた。「自家焙煎珈琲&ジョージアワインバー IMEDI」ではジョージアワインに加え、本格的なジョージア料理を楽しめます。

お店に入ってすぐに「何でジョージア州に特化しているんですか?」とNさんに聞いたら「シッ!ジョージアっていう黒海の横にある国のレアなワインなんですよ。」と注意されてしまいました。

これがジョージアワイン。誘ってもらってないと一生口にする事もないと思う。持つべきものは友だなァ。
とってもまろやかで、シルキーな味でした。

ジョージア国は、昔はロシア領でグルジアって呼ばれていた国だそうです。苦々しい歴史があったそうで、ジョージア国の方に「グルジアですね?」って言うとこっぴどく怒られるそうです。皆さん気を付けて下さいね。

クリスマスプレゼント、続々到着中!

明日はクリスマスイブですね。今夜は友人と食事会、明日の夜は家族揃ってカトリック教会にミサに出かける予定で、もう年末ムードに突入中の私です。そんな中、沢山のクリスマスプレゼントやギフトを頂戴して益々ハッピーです。もう仕事してる場合じゃないな。

お菓子作りがプロはだしのお客様からは心温まるメッセージカードを添えて、手作りのケーキを頂戴しました。いつも本当に有難う御座います。
大阪に住んでいる弟(ハワイ先生)からはブランド品のアウトドア用マフラーが届きました。有難う!このハイテクマフラー、驚くほど暖かいのでびっくりです。

色も私の好みで、流石に我が弟です。私はここ10年以上ユニクロしか買っていないので、最近はお客様との「ユニ被り」が凄くて大変なのですが、このマフラーならユニ被りの心配もありませんね。

妻からは「これいる?」。いや、こんなん要らんって。これまでに貴女が集めたやつが家中にゴロゴロしてるし。
末っ子はこれを手に「お父さん、欲しい?」と聞いてくれました。よく聞くと「中の1個だけあげる。」との事でした。それでも有難いけどね。

皆さん、もうクリスマスが来て年末、そして正月休みが来ますよ。気持ちの上でもスローダウンして、ゆっくり、まったり過ごしましょう。

日本口腔インプラント学会で優秀研究と認められました

26日まで WEB 上で開催されているインプラント学会に連日連夜参加中です。内容が非常に充実しているため全部見ようとしていますが、2時間ほど視聴しては休憩というパターンを繰り返して頑張っております。明日の夜は友人と新福島で食事会の予定なので、ひたすら頑張って勉強を続けます。

で、かなり嬉しいニュースが飛び込んで来ました。私達の研究が学会から優秀と認められたのです。しかも2題も。私がメインで行った研究ではないので偉そうには出来ないのですが、やはり嬉しいですし、とても名誉に感じます。

大阪口腔インプラント研究会は関西の開業医が中心となって作られたインプラントのスタディグループです。

今回の受賞でも慢心する事無く、引き続き頑張って行きますね。