カテゴリー別アーカイブ: 院長日記

教育者には特に熱く語ります

今日はけやき台小学校の運動会が開催されていました。コロナ禍で午前中だけのプログラムだったようで、私のアポイントも午前中は(土曜日じゃないみたいに)ゆったりでした。
ただ、運動会が終わった午後は一転して超多忙に。息をつく暇もないような感じで必死になって働きましたよ。

中学校の先生が初診で来て下さいましたので、予防歯科の大切さを熱く熱く語っておきました。先生が歯の大切さに気付いて下さって、学校の生徒達にも伝わって、彼・彼女達の人生が「楽で充実したもの」になる事を夢見て。

虚空蔵山で出会った紳士は・・・

昨日、初めて虚空蔵山の頂上まで(何とか)登って来ました。その時の「出会い」のお話を。

意を決して登り始めてしばらくすると、前方に登山客がおられる事に気が付きました。

手を後ろで組んで、自然を満喫しながらゆっくりと歩かれています。

私は速足だったので、その方にドンドン近付いていってついに追い越す事になりました。その時に初老の男性である事が解ったので、ちょっと話かけてみました。

私:「こんにちは。良いお天気ですね。」
彼:「こんにちわ。気持ち良いですね。」
私:「どちらからお見えですか?」
彼:「岡山です。」
私:「岡山!私、岡山大学出身なんですよ。」
彼:「何学部?」
私:「(学部を聞いてくる人は珍しいな・・・。)歯学部です。岡山の街、懐かしいなァ。岡山市内からお見えですか?」
彼:「和気ってご存知?どちらかと言えば備前の方です。」
私:「そうなんですね。三田の自然を楽しんで下さいね。じゃあ、邪魔しませんので、私、先に行きますね。」
彼:「ごきげんよう。」

『あのゆっくりした感じだと、虚空蔵堂まで位で引き返して帰られるのかも知れないな。無理なさらないで下さいね。』と、心の中で呟いて、先に行かせて頂きました。

それから必死になって頂上まで登り切った事は昨日お伝えした通りです。

何とか頂上に到達して、その素晴らしい風景に感激して眺めていると、わずかその1-2分後に、何と先程の男性が(全く息を切らせる事無く余裕で)登って来られたのです。

私:「〇△✕!頑張って登って来られたんですね。凄いですね。」
彼:「ええ、まあ。」
私:「私は下の標識の所で『勇気ある撤退』をしようかと本気で考えてました。御主人はきっと御御堂あたりで引き返されると思っていました。」
彼:「この山は道も整備されていて、初心者でも簡単に登れる、良い山ですよ。」
私:「これが簡単な山なんですか!私なんてハアハアと死にそうになってました。」
彼:「ハハハ。」

その後も山頂の岩に腰かけて話を続けました。

私:「御主人、御主人のスマホで写真を撮ってあげましょう。」
彼:「ありがとう。そうしてもらうかな。」
私:「Facebookとかされていますか?LINEとか?」
彼:「やってるけど、あまり見てないな。」
私:「じゃ、私の名刺をお渡ししますね。何か不思議なご縁を感じますので。(名刺を渡しながら)和気でお仕事をされていたのですか?失礼ですけど、御歳を聞いても良いですか?」
彼:「いいですよ。74歳です。私は岡山市内で教員をしていたのですが、和気にはロッククライミングの練習にもってこいの岩場があってね。それでわざわざ和気に住んで岡山市内で働いていたんです。」
私:「74歳!凄い体力ですね。信じられない。それに、山関係は筋金入りじゃないですか。小学校の先生か何かされていたのですか?」
彼:「大学。」
私:「ひょっとして、岡山大学?」
彼:「(頷く)経済学部ですけどね。私も名刺をお渡しします。」
私:「有難う御座います。○○様とおっしゃるんですね。〇△✕!岡山大学名誉教授!?これは大変失礼致しました。」
彼:「(ニコニコ)いえいえ。大学で働いていた時は探検部の顧問をしていたから、数えきれない程、学生を連れてあちこちの山に登ったり野営をしたりしていましたよ。今でもそのような関係の団体の会長をしたりしています。」
私:「もう、御見逸れしました。」

岡大の大先生だったとは。とにかく御見逸れしました。

縁とは不思議なもの。もし数分早く私が下山を始めていたら、山頂でここまでの会話はできていなかったと思います。三田の虚空蔵山の頂上で岡山大学の名誉教授と出会える確率なんて、一体どの程度なのでしょうか。とにかく感動してしまいました。

この後、私は来た道を、この先生は草野駅の方に下る道(鎖を伝って降りるような難所があると書いてあった気がする)に進むと言われていました。「そっちの方が面白そうだから。」と。私からお願いして、握手をして頂いて別れました。

人間、動くと面白い事が起こりますね。やっぱり「ヨイショ」と外に出ないとダメだね。

三田の虚空蔵山に登ってみよう

三田市の住人になって26年が経ちますが、虚空蔵山の存在を知ったのが昨年、そして今日初めて頂上まで登ってきました。

まずは自転車で藍本を目指す。電動だけどね。秋の空気と雲が気持ち良い。
今日はゴアテックスの靴を履いて来たぞ!いざ出発!
虚空蔵堂を超えてからますます険しい道になってきました。汗だくになってきて、心臓もバクバク鳴っています。
虚空蔵堂にここが昔、姨捨山(おばすてやま)であった事が書いてあって、読むんじゃなかったと後悔しながら登っていたのですが、突然こんなお地蔵さんが出現して更にビビる。都会の人にはこの木で何があったかわからないでしょうね。森林王国山崎町で育った私には想像がつきます。こういう登りやすい小山では、良くある事なんです。写真を撮るのも怖かった・・・。(違っていたらごめんなさい。)
色々な事を思いながらも登り続けると、何やら標識が。もう頂上に着いた!?と思ったのですが・・・・。後300メートルといってもメチャクチャ急な上り坂です。ここで引き返そうか(勇気ある撤退)と本気で悩みました。0.5を0.3に直してくれていても気休めにしかならないよ。
こんな所を歩いて登って行きます。堆積岩が垂直になっているのでしょう。ここが大昔は海底だったのか?そう思うとこの岩も貴重なものですよね。
もうほんの少しで頂上です。この風景、信じられる?こんなに登って来たんだね。
ついに頂上です!
頂上からの風景。もう感激です。
黄色は淡路島。緑はつつじが丘。左側は六甲山だそうです。
去年は自転車で走るだけで(このブログで)自慢していたのに、段々グレードアップしているじゃないか!自分でもビックリです。
ほぼ新品だった靴がボロボロになりました。もっとボロボロになるまで、あちこち行ってみたいと思います。

自宅に帰ったのが午後1時半。お風呂に入って昼食を食べたら布団に直行して3時間熟睡してしまいました。夕方6時には起き出してZOOMで歯周病治療の講演会に参加しました。運動と勉強で充実した木曜日となりました。

この虚空蔵山は「初心者でも登れる、良く整備された簡単な山」だそうです。登ってみたら自分の体力や能力がどの程度か良くわかります。(トホホ・・・。)皆さんも是非行ってみて下さい。

明日はこの虚空蔵山で出会った紳士についてお話したいと思っています。乞うご期待!

Chicago を思い出しますなァ

全然似合わないのですが、コストコのブラックカード会員になっています。子供が4人もいて信じられない程食べるので、我が家のような家庭は食費を節約する為にコストコを活用する必要があるのです。
ただ、リアル店舗に行くと①ガソリン代②高速代③半日の時間、の3つが必要で効率が悪い。暇な日には気晴らしになって良いのですが。

という訳で、今回妻がコストコの通販を使ってみたそうです。大名買いしたせいか(食品ばかりですが)送料も無料だったそうで、大きな段ボール箱2つが届いていました。今夜はそこから取り出したイタリア製パスタでイタリアン・クイジーン・パーティーでした。タイガースは巨人に引き分けてくれたし、気分が良いので思わずワインを開けて飲んでしまいました。

自分の部屋に戻って、ワインを飲みながら女子ゴルフを見てリラックスしていました。最近結構ゴルフの練習したので、見方が変わって本当に楽しめました。
食後にはこのようなポップコーンを出してくれました。口コミの評判が良かったそうで、アメリカの味がして、色々と思う事がありました。

コロナで2年ほど海外の学会に行く事ができていませんが、藤井風症候群の私は彼を見習って英語の勉強を再開しました。23歳の彼が独学であそこまで英語を喋るのに、ずっと長く生きている私が完全に負けているのは情けないからね。

来年までに英語の実力をしっかり付けて、できればアメリカに行きたいなと思っています。

保険の銀歯を外しても、もう驚かなかった

いつもお伝えしていますが、今回のトピックでも「保険の銀歯は全然ダメで、自由診療のセラミックなら大丈夫」と言ってる訳では決してありません。誤解の無いようにお願いします。

「痛くも何ともないので。」との事でしたが、写真を撮って隙間がある事を説明したら、銀歯を外してみる事を希望されました。
ハイ。いつもの感じですね。
う蝕検知液で染色して虫歯の取り残しが無いか、客観的に評価します。この後、水で洗い流すと・・・。
ご覧の通り。赤っぽく染まっている所はまだ虫歯菌が感染しているので、削って取らなくてはなりません。
ちょっと細工をして・・・。
コンポジットレジンでジルコニアセラミックオンレーにする下地(ベース)を作ります。

毎日毎日、このような事ばかりやっています。日本国と日本人の歯科事情、いつか何とかなる日が来るのでしょうか?

藍本で黒枝豆をゲット!

昨日藍本まで自転車で行って虚空蔵堂まで上がって来たお話をしましたが、藍本の郵便局近くで黒枝豆が販売されていましたので購入させて頂きました。

季節限定の黒枝豆販売所を発見!藍本は三田市といっても丹波にも近いので、きっと黒枝豆も美味しいはず。
因みに後ろに写っているカッコイイバイクのお兄さんは遠路京都からソロツーリングに来られたそうです。私も昔400㏄のバイクに乗っていた話をしたら、嬉しそうな笑顔を見せて「またバイクに乗って下さいよ。」と言って下さいました。「私一人の体や手じゃないからね。怪我は出来ないんですよ。」と心の中で答えました。
売り切れかしら?「すみませーん。頂戴できますか?」
「ちょっと待ってね。年寄りやから手が早く動かんのよ(笑)。そのくせ口ばっかり動かしとる(笑)。」「全然大丈夫ですよ。ゆっくりやって下さい。この、豆を切り取る作業って結構大変なんですよね。私、知ってますよ。」

写真を撮ってブログにアップして良いかお聞きしたら、快諾して下さいました。
御主人:「『こんなんやってました』って載せてくれるの?」
私:「そうですよ。You Tube じゃないけどね。」
御主人:「有難う。今年は暑かったから小ぶりだけど、味はむしろ良いように思うよ。」
私:「そうなんですね。とっても楽しみです。家族6人で感謝して頂戴しますね。」

1年間手間暇かけて栽培した枝豆を丁寧に切り出した商品。これで一袋300円は安過ぎでしょ。手間賃ゼロ計算の値付けだと思いますが、切り出し作業の技術料だけでも一袋200円は払わないと。日本は技術者や現場の労働に対する評価(報酬)が低すぎるね。ちょっと多めに置かせてもらったら良かったよ。次の機会にはそうさせてもらおう。

さあ、今日の帰りにはノンアルビールを買って帰らなくっちゃ。藍本の販売所で出会った、あの皆さんの愛情のこもった黒枝豆がどんなに美味しいか想像してみて下さい。今日の夕食がとっても楽しみです!

虚空蔵山には2度と行きません!クロックスでは。

今日は天気も良くスポーツするには最高の日曜日でしたね。私も午前中4時間、バイクとプチ登山で良い汗を流してきました。

9時過ぎに家を出発。いつものサイクリングコースを快調に飛ばします。電動だけどね。
ちょっと足を延ばして藍本まで。藤井風症候群で藍本の郵便局が里庄の郵便局みたいに愛おしく思えるからほとんどビョーキ。郵便局の三叉路を右折すると藍本駅ですが、虚空蔵山登山道入り口を目指して左折します。
しばらく走ると右手にこんな看板のあるT字路が見えてきます。
舗装された道を1キロ位(?)快適に登って行きます。電動だからEASY!(キャブヘイ調)
高速道路の下を通過したら、そこは虚空蔵山の登山口。まさか今日山に登るとは思っていなかったからクロックス履いて来ちゃったよ。でも、せめて虚空蔵堂までは行ってみよう。
最初は平坦な道だったのに、段々急になって岩ゴロゴロ。
最後はもっと厳しい道になりました。雨の時には水路に変わりそうな感じで、雨上がりだったらゴアテックスの靴じゃないとキツイかな?と思いました。
もう、根性で虚空蔵堂まで到達。満足!
でも、せめてスニーカーを履いて来れば良かったよ。クロックスでは登りより下りの方が危険。慎重に降りて行きますね。

道中オゾン一杯で気分は最高。秋の日曜日なのに登山者には一人しか出会わずプライベート感満載でした。

ここ虚空蔵山は現在の所は、例の「三田市のコンクリート・アスファルト投げ込み事業」の犠牲には(あんまり)なっていないので嬉しいです。三田市さんにはもうこれ以上三田市の自然を破壊しないで頂きたいものです。意味の無い公共事業が三田市の魅力をひどくスポイルして、結局は「自分で自分の首を絞めている」事に早く気が付いて下さると良いのですが。

それから、登山道の下の方では高速道路を走る車の音がガーガーとうるさく聞こえて来て残念でした。道路の利便性と自然環境保護との両立は本当に難しいね。

それでも魅力一杯の虚空蔵山でした。次回はちゃんと登山に耐える靴を履いて、頂上まで登ってみるつもりです。

午後1時に自宅に到着。お昼ご飯にギリギリセーフで怒られずに済みました。

今日しっかりとリフレッシュできましたので、週明けの明日から最高の心身の状態で仕事に臨みたいと思っています。

花山観光園→さんだバーベキューガーデンズ

末っ子と青野ダムに行った帰り。カーナビにゴルフのマークが出ていたので、息子が「このゴルフ場の前を通ってみたい」と言い出しました。花山温泉のゴルフ練習場なんだけど、まあお安い御用なのでちょっと遠回りして帰る事にしました。

その道なりにこんな看板を発見。最近こんなレストランが出来たのかな?

考えてみたら、我が家は焼肉屋さんに一度も行った事がありません。子供が「目の前でお肉を焼いて食べる所に行ってみたい。友達は皆行った事がある。」と言っていた事を思い出して「自分がベジタリアンなので家族にも迷惑をかけているなァ。一応ベジタリアン辞める決心をしたので、今度こんな所に連れて来てやりたいな。」と思って様子を見に入ってみました。

UNBYの関連かと思っちゃう雰囲気を醸し出すお洒落な看板。右下の表示に気が付きながらも、レストランの雰囲気をチェックする為に入って行って行ってみました。
三田・花山とは思えないお洒落な建物が。まあ、里庄でも藤井風だから、田舎のパワーも捨てたもんじゃないな。

建物の写真をパチパチ撮っていたら、背後から黒い軽トラがやって来て「防犯カメラが作動したから。」と長靴をはいた御主人らしき男性(私と同じ位の年齢)がしかめっ面で降りて来られました。枝豆収穫の農作業をされていたそうで、泥だらけのTシャツからのぞく腕もお顔もよく日に焼けて松崎しげる状態です。

私は平謝りに謝って「お洒落な看板があったので、つい様子を見たくなって。申し訳なかったです。でも、本当に素敵なお店ですね。こちらはいつからあるのですか?私三田に住んで20年以上になるのに知りませんでした。」とお伺いしてみました。(ずっとベジタリアンで肉料理に興味がなかったのが大きな原因だとは思う。)

御主人:「先代から言うと50年以上になるんですよ。平日は完全予約制なので予約の無い時はこんな風に閉めてるんです。でも土日は喫茶で開店してますよ。(店内から取って来て下さったパンフレットを見せながら)今、このパンフレットのQRコードでLINEの友達申請をしてみて。」

私:「有難う御座います。えっと、ホームからこのプラスのマークで、それからQRコードだったかな。」

御主人は(見た目とは裏腹に←失礼!)てきぱきと説明してくれました。「左のこれをタップするとホームページ。真ん中がインスタ。右がグーグルマップ。」

私「ご主人凄いですね。これ御主人が作りはったん?」
御主人「まあ、私もやるけど、主に若いもんが考えてやってくれてますわ。」

花山観光園の頃からずっと高いクオリティのお料理を提供していらっしゃるのでしょうが、そりゃ今のイメージの方がお客様の満足度は高いでしょう。とにかくお洒落度が違うし、映える写真が撮れるからね。

若い人の意見を聞いて改革する事は待ったなしだな。それから、ビジネスに関わっている限りはたとえ中高年であっても若いスタッフと同レベルのITリテラシーを持つ努力は必須ですね。

N box+は「移動秘密基地」だった

先日納車された N box+ の中古車で息子と青野ダムにドライブに行ってきました。

ウッディタウンからわずか10分でこの自然環境。三田市はやっぱり最高だ。
バックドアの上下径が150㎝もある特別な Nbox ,それが Nbox+ です。
この Nbox+ は荷室のパネルの場所を移動させると、このようにベッドモードという車中泊モードにする事ができます。パネルが固いので工夫が必要ですが、そんな事も楽しみのうち。
大喜びの末っ子。週末は家の駐車場で寝てみたいと言っています。本気かいな?
パネルの位置を下げるとベンチになります。自分の部屋が移動して来たような感じで快適。次回はストーブ(ガスコンロ)とコーヒーを忘れずに持って来よう。
「開業医の先生に」なんて、こんなダイレクトメールが送られて来ますが、申し訳ごないけど余り興味ありません。だってアストンマーティンじゃ、息子と車中泊出来ないでしょ?

子供と遊べる期間は思った程長くない。一時一時を大切にして行きたいものです。

ゴルフを止める事にしました。

今日は木曜日で休診です。午前中1時間半程ゴルフの練習に行って良い汗を流してきました。でも、今夜、今日を限りに一旦ゴルフから離れる決心をしました。

理由の1つ目は自分の性格です。何でも「やるとなったら完璧を目指す」困った性格ですので、ゴルフにはまって練習に打ち込んだり休日にラウンドしたりしだすと、妻や子供を家に置いたまま出て行く機会が増えてしまうと思います。しかしながら、自分は小学校を卒業すると同時に寮に入って家族の基を離れたので、そのリバウンドで一秒でも長く家族と一緒に居たいという思いがとても強いのです。ですからゴルフにハマると困った事になりかねません。

また、自分の置かれている立場がもう少し違ったら(最高レベルの歯科医師を目指すのでは無く、比較的一般的な感じだったら)楽しくゴルフをする事ができると思うのですが、色々考えてみて、やっぱり自分にはちょっと難しいと思うのです。

理由の2つ目は弱冠23歳の岡山県里庄町出身のアーティスト、藤井風さんの生き様を見て思う所があるからです。彼は最近ベジタリアン(現在の所はペスカタリアン)になったそうで、18歳でベジタリアンになった頃の若かった自分を重ね合わせて見てしまいます。
藤井風さんは数十年に一人の天才と言われていますが、私はそうでは無いと思っています。彼程のポテンシャルを持った人間は100人に1人位は潜在的に存在していると思うのです。ただ、彼(と彼の家族)の素晴らしい所は、自分の感性を100%信じて、それからピアノやサックスやボーカルや英語の習得に気の遠くなるような努力をして、その2つがあって現在の姿があると思うのです。「自分の感性を信じて猛烈に努力をした結果」だと言えるでしょう。

You Tube では彼が中学生だった頃から現在までのパフォーマンスを見る事ができます。ピアノや歌も著しい成長ですが、沢山の英語の曲の歌詞を覚える事によって英語力に磨きがかかったのだと思います。物凄い努力に脱帽です。

藤井風さんのビデオはコチラ↓

幻想即興曲 ショパン

DONNA LEE 15years old boy played by SAX

“優しさ”って何なん Kaze talks about “YASASHISA”

Fujii Kaze – YASASHISA (Official Video)

Your Song – Elton John

Close To You – The Carpenters (Cover)

彼はお酒もタバコも一切口にしないそうです。我が子程の年齢ですが「生き様」を見習いたいと思います。身長もルックスも何もかも敵いませんが、ベジタリアンになった年齢は私の方が2~3年若いもんね(笑)。(しかも、私は昨日ブロンコビリーで肉を食べちゃったけどね。)

私も彼を見習って自分の感性や自分の価値観を信じて、自分らしく生きて行きたいと思います。彼が100%自分の思うように(好き勝手に)生きても多くのファンに愛されているように、私も(好き勝手にやっても)大切な家族や素晴らしいスタッフや私を100%信じて下さっているお客様が傍にいて下さいます。有難い事です。

という訳で、ゴルフの練習は一旦封印して、英保先生らしく生きて行きますよ。目指すは「藤井風」!