Hiro のすべての投稿

三田市民病院に来ています。素晴らしいです!

肝臓に腫瘤があるので、年に1回三田市民病院でエコーと血液検査と尿検査を受け、内科で診察をして頂いております。

検査が終って1階でコーヒーを飲んで一息ついているところです。

毎年来させて頂いて感じているのですが、病院のドンドン雰囲気が良くなってきています。受付スタッフも看護師さんも検査技師さんも笑顔で迎えて下さってとても親切です。

採血も上手で全然痛くない。有難うございます。

皆さん患者さんに対して失礼な態度も皆無で、心が休まります。同じ医療人とて見習いたいし、院長先生の指導力にも感服しております。

建物も綺麗だし、立地も最高。このままこの場所で全てが上手く行かないものかと思ってしまいます。

皆さんお忙しくて大変だと思いますが、歯科医院のように分単位でマネージメントされたアポイントメントに必修で対応している感は無く、もう少しゆっくりと時間が流れているように思えて羨ましいです。

生まれ変わったら次は開業歯科医師ではなくて病院勤務の医師になっても良いななんてことをぼんやり考えております。

もう少し待ち時間があるので、一階で論文を書いております。三田の患者様は紳士淑女ばかり。静かで落ち着くので有り難い事です。

コメダ珈琲新三田店でモーニング

滅多にない2連休を満喫させて頂いております。

今朝は十何年か振りにモーニングというヤツに行ってきました。

着いた、着いた。というか、皆さん考える事が同じのようで、駐車場はほぼ満車、お店の前には順番待ちの人が沢山。トホホ。

車の中で待つこと約20分で順番が回って来ました。

スタバも好きですが、休みの日は肩の力を抜いてリラックスしたいので、柔らかいこの雰囲気の方がベターかな。

じゃ~ん。私はモーニングの定番、バタートーストと茹で卵をチョイスしました。

それからアイスコーヒーのたっぷりサイズ。スタバならばグランデ、ドトールならトールだっけ?

小6の息子は(多分生まれて初めての)クリームソーダとモーニングとカツパンをオーダー。若いから良く食べます。

1時間程度、他愛も無い話をしながらのんびり過ごさせて頂きました。

有難う御座いました。

我々が店に入る時に、他のお客さんが「あのクソバイトが!」と言いながら、何かにご立腹の様子で出ていっておられました。

妻と息子が「何かあったんやろか?」と聞くので、私は「何かあったとしても、3連休のど真ん中の朝に時給1000円少々で働いてくれているのだから、それだけでもバイトの子に感謝しないといけないよ。お客の方は連休の暇に任せて家族や友達とモーニング狙いで押し寄せて来ているのだから、お店にスタッフが居てくれて対応してくれるだけでも有り難いと思わないと。日本は人口が減っているから、こういった所で働いてくれる人がだんだんいなくなっていることも知っておきなさい。勘違いすると不幸だよ。」と答えました。

妻も息子も(珍しく)納得した様子で、今日は本当に良い休日です。

オイル交換に西宮Audiに出向く

今日は木曜日で休診です。午前中は9時から防湿装置ZOOの米国展開の為の会議をZOOMで行いました。日本の午前9時はLAの午後5時。ZOOMのお陰で米国と栃木県と大阪府と三田市に住んでいる4人の人間が、顔を見ながら有意義な会議をする事ができました。テクノロジーの進歩のお陰ですね。


午後は我が愛車SQ2のオイルとエレメントの交換に行ってきました。覚悟はしていましたが、軽四のオイル交換の約10回分の費用を支払ってきました。欧州車を所有するには、メインテナンスにこういった高額の出費を覚悟をしておく必要があるのです。解ってはいるのですが、やはり10倍はキツイです・・・。

欧州のEV戦略の最先鋒を行くAudi。展示車にもEVが増えてきました。でも、正直なところ、昭和な人間の私は、巨大な電気自動車には余り魅力を感じません。

カッコいいですが、これらも車幅が1900㎜を越えています。私はもっとコンパクトなガソリン車が好きです。

我が愛車、SQ2。やっぱりこいつがコンパクトでガソリン臭くて最高だわ。これからも長く大切に乗りたいと思っています。

漢方薬の講演会に参加しました

本日17:30~20:00 までの2時間半、三田市歯科医師会主催の学術講演会が開催されました。学術委員の私は会場設営と司会の任があるために、診療終了後直ちに英保歯科を出て、 16:00 にキッピーモールに行きました。

準備万端整って、後は参加して下さる歯科医師の先生方の到着を待つだけです。

歯科医師も何種類かの漢方薬が処方できるようになってきており、基礎的な知識を身に付けておくことが必要です。

小林宏先生は福山大学の薬学部で長年教鞭をとっておられた事もあって、非常にわかりやすく解説をして下さいました。

医師や看護師にも漢方薬を処方していらっしゃるそうです。薬剤師さんも、ある道を追求して極めると頂点に立って美しい景色が見えるようになるのは歯科医師と同じですね。

色々と勉強になりました。有難う御座いました。

AI英会話にチャレンジ中

コロナ禍以降、全く海外に行かなくなった私。それに伴って英会話の勉強も完全にストップしております。勉強不足で英語のスキルは減少の一途、運動不足で体重は増加の一途で、勉学と部活で頑張っている子供達に合わせる顔が無い。

そこで、今流行のAI英会話にチャレンジしてみる事にしました。

Let’s go! って言われても・・・。相手がAIと解っていても、アバターを見て「こんな人なんだ」と思うと、最初はかなり緊張しました。

AI英会話の最大の長所は、こちらが返答に困っていたら何分でも、何時間でも黙って待っていてくれる事です。

結構楽しいので、しばらく継続してみようかな。海外に行く予定が無くても、また英語の勉強を頑張れるかも知れない。

50歳の頃に1回だけTOEICにチャレンジした事があります。何年か後に再度受験して、次は740点を越えたいものです。


AI英会話を頑張ってみた結果はまた先でこのブログで報告しますね。

松本歯科大学のドミトリーがまるでリゾートホテルだった件

激務終了後は楽しい懇親会が待っています。バスで塩尻駅まで移動し、少し歩いて中華料理屋さんに到着。

ジャーン!小さな街中華を想像していたので、豪華なたたずまいに圧倒される私。

懇親会が楽し過ぎて、写真を撮るのを完全に忘れていた。デザートだけパシャリ。


今回は大学のドミトリーに併設されている宿泊施設にお世話になりました。1泊5000円だからそれなりだろうと舐めてかかっていたのですが・・・。

これが松本歯科大学のドミトリー?!、環境良過ぎだろ!

まるで良く管理されたマンションのようです。

素晴らしい。勉強に集中できる環境が整っていますね。充実した学生生活が送れる事でしょう。

こちらがホテル形式の宿泊棟です。私はここの3階に泊ります。

宿泊棟のセンスの良いエントランスにビビる私。

部屋に入ってビックリ!ここは一泊5万円のマリオットホテルではありません。一泊5千円の松本歯科大学のキャンパスインです。

塩尻のリゾートホテルに泊まったような錯覚に陥る。6時間以上ぐっすりと熟睡できました。有難う御座いました。


翌朝、キャンパスインを後にして、塩尻インター近くの道の駅でお土産を買いました。

お洒落なマルシェ。三田にこんな雰囲気の道の駅があれば良いのにね。

塩尻と言えばワイン。あれもこれも全部美味しそうです。

今や、塩尻名物といえば山賊焼きです。

絶対美味しいよね。次のチャンスにはゲットしたいな。


それでは、中央道に乗って関西を目指してひたすら走る事にしましょう。

こまめにSAやPAに寄り道しては、休憩をとったり写真をとったり。ああ、楽し。

雨も上がって絶好のドライブ日和となりました。さあ、帰ろう。

復路もなぜか8時間以上かかってしまいました。でも、17時過ぎに無事三田に到着。

明日は木曜日で休診です。私もしっかり休みます。金曜日から又頑張りますね。

松本歯科大学での臨床実習:学生達は熱かった!

松本歯科大学の非常勤講師として毎年2回塩尻に出張しております。

昨年度は飛行機を使って行ってみたりしました。飛行機だと気分は高揚しますし、体はとても楽なのですが、気の向くままに寄り道してみるといった旅の楽しみが出来ません。車だとテキトーにあちこち寄り道してお土産を買ったりできるので、今年は2回共車での出張にしてみました。

月曜日の夜の10時に出発。火曜日の11時に大学に行けば良いので、車中泊しながら旅を楽しむ算段です。車中泊中のボンゴイの集団に守られて、私もぐっすり眠りました。

この駒ケ岳辺りまで来ると、気温が下がってアルプスに近づいて来た事を実感します。

背後の山と雲が信州でしょ?来る度に、どんどん松本に魅了されてしまう。

おお、流石に信州のコンビニやな。早速これをゲットして朝食と洒落込もう。

何という贅沢な朝食。戴きます。

サービスエリアの窓からの景色がこの雄大さ。最高の贅沢です。

ダラダラ休んだり、車中仮眠を取ったりしていたら、結構な時間になってしまった。急ごう。

松本歯科大学に10時半に到着。

今回の実習は公的な資格試験さながらのプログラムです。電子機器の持ち込みは一切禁止という緊張感の中で行われました。もちろん私もスマホを預けて、試験官という立場で参加しました。学生達は頭が真っ白になるような緊張状態だったはずですが、日頃の鍛錬の結果をしっかりと見せてくれました。亀山教授の熱意溢れる指導に応えようとしてくれています。松本歯科大学の学生さん達は本当によく頑張っています。

この写真は前回の出張の時の様子です。

臨床実習は17時半に終了。長時間立って指導していたので私もヘトヘトになりました。でも、亀山教授の粋な計らいで、医局の先生方と懇親会を兼ねたディナーが予定されています。楽しみです!

62歳の誕生日に想う~What should I do on my next stage?

お陰様で、本日6月30日に無事62回目の誕生日を迎える事ができました。

ひとえに、英保裕和という歯科医師の哲学を広い心で受け止めて信じて着いて来て下さっている、地域住人の皆様、英保歯科のファンの皆様、英保歯科の衛生士の先生方、スタッフ、家族、その他の英保裕和を支えて下さっている関係各位のお陰だと心から感謝しております。

本当に有難う御座います。

今、誕生日の早朝に目が覚めて、色々な事を想いながらこのブログを書いています。

そして、「私の人生のNext Stage には何ができるか?Next Stage は何をするべきか?」と自問し、以下の3つの答えを得ました。


①英保歯科のお客様だけではなく、全ての日本人に予防歯科の重要性を伝える

33歳で英保歯科を開業して約30年が過ぎました。この30年の間、来院される一人一人のお客様に対して予防歯科の重要性を口頭で説明し続けてきました。その甲斐あって、英保歯科のロイヤルカスタマーである2000人の歯と人生を守る事ができています。でも、30年もかけているのに、たった2000人の日本人しか救えていないのです。

折しも、東京では都知事選挙がヒートアップしています。私はSNSで有名になった石丸伸二氏(※)の演説やインタビューばかりを You Tube 見ています。そして「頭が良いし、素晴らしい人格者だな。見習いたいな。」と感心しております。彼は常に「日本国全体を良い方向に持って行くにはどうしたら良いか?」いう非常に広い視野で物事を考えています。凄いね。

(※)広島県の安芸高田という田舎から京大に行き、経済アナリストとしてNYに駐在していたという華々しい経歴を持つ石丸伸二氏ですが、彼のお父さんは中卒で、家庭の年間収入が4~500万円の中でやりくりして、3人の子供をしっかり育てられたそうで、その子供の一人が伸二氏なのです。ご両親にはただただ頭が下がりますね。

その石丸伸二氏(40歳)の生きざまと、学費に困らないような比較的裕福な家庭でぬくぬくと育った自分(62歳)の生きざまを見比べると、自分のダメさ加減と、人間としてのスケールの小ささを痛感して本当に恥ずかしくなってきます。

でも、両者の歳の差はたった22歳です。40歳の彼に出来ている事なら、頑張れば私にも出来るかもしれません。英保歯科という閉鎖空間に留まらず、You Tube を使って更に広く(日本国中に)予防歯科の啓蒙活動をしたいと考えています。


②更に自分の価値観を信じて、更に自分らしく、もっと我がままに生きる

先日、起業家の N さんと敏腕ビジネスパーソンの Y さんと夕食を共にした時の事です。話の中で(サラリーマン経験もある) N さんが「英保さん、サラリーマンの給料は『我慢した代』なんです。給料の100%が『どれだけ我慢したか、我慢した事に対しての報酬』なんですよ。だから英保さんには絶対にサラリーマンは無理です。」と教えてくれました。笑。

三田駅前の居酒屋「和来」にて(6/25)

確かに自分でもサラリーマンは無理だと思いますが、私はこう見えても自分らしさを相当に抑え込んで生きているつもりなのです。歯科医師として患者様の歯をちゃんと治療する責務がありますし、経営者としては小さな診療所を潰さずに運営していく責任がありますから。

しかしながら、世間の価値観や物事に対する見方は大きく変わってきています。日本は少なくとも表面的には「多様性」を受け入れようとしているように見えます。私のような「(自分では普通と思っているが)普通じゃない人間」にとっては本当に有難い時代になってきました。少し前の日本とは大違いです。

この機会に、もう一度「自分(=自分の行うべき歯科医療)とは何か?」を深く考えて、自分の価値観(=恐らく99.999%の普通の歯医者とは違う価値観)を絶対的に信じて、もっと自分らしく生きたい(=英保歯科の更なるミッションを遂行する)と思っています。

それは結果的には世の中や患者様の為になると確信しております。絶対に。


③講演活動や執筆活動を再開し、日本の歯科医療を変える

断捨離は「自分だけが楽になる為の手段」です。断捨離し自分が楽になっても社会は全く良くなりません。10年前に遂行した徹底的な断捨離のお陰で、ここ10年ほどすっかり楽をさせて頂き、しっかり充電させて頂きましたので、62歳になった今日を節目に、種々の社会的活動を再開する事にします。英保歯科で行っている予防や治療の詳細を歯科医療界に向けて余すところなく紹介し、1人でも多くの日本人の歯を救い、なるべくたくさんの日本人の人生を楽で幸せなものにするために頑張るつもりです。


できる限り頑張ってみますので、どうか暖かい目で見守ってやって下さい。今後共応援の程、宜しくお願いします。

根面う蝕(こんめんうしょく)の治療について

日本が長寿大国になった事は喜ばしい事ですが、令和の現代病とも呼べる「根面う蝕(こんめんうしょく)」という虫歯が高齢者に発症して、患者様も歯科衛生士も歯科医師も頭を悩ませています。

少し前のブログにも根面う蝕について解説しましたので、是非読んでみて下さい。↓

根面う蝕は令和の新しい現代病?


今日はその治療の実際をお見せしたいと思います。患者様は82歳の女性。「自分の足で歯科医院に通える年齢の間になおしておいて欲しい」というご要望です。

↑これが根面う蝕です・・・。


こちらの女性、歯磨きはとても綺麗にされていますし、3か月毎のメインテナンスにもちゃんと来院されています。それでも、年齢と共に唾液量が減ってくると露出した歯根がこのようにとけてきてしまいます。まずはしっかりと原因を説明して、削って詰めてもその周囲から根面う蝕が再発する可能性が高い事などをお話し、全て納得の上で治療を受けて頂きました。

根面う蝕は必ず歯肉の中まで進行しているので、麻酔後に「歯肉圧排(※)」という操作をしてから治療をします。(※)歯周ポケットの中に専用の糸を挿入して歯肉を押し広げる。青い線の所に直径 0.8mm 程度の糸(歯肉圧排糸)が入っています。

虫歯の部分を慎重に削り取ります。

コンポジットレジンを充填して、歯肉圧排糸を撤去して治療完了です。

とりあえずは綺麗になったのですが、根面う蝕の原因(=唾液量が減っている事)を取り除く事は困難です。しばらくすると、またこのコンポジットレジンの周囲から虫歯が再発する確率が高いのです。悩ましいでしょ?

なお、漢方薬では麦門冬湯(バクモンドウトウ)というお薬が「潤す」薬として有名です。ドライマウスにも有効だと言われています。

日本人が誰かに贈り物をする時~3種類の「想い」について

最近、お客様からお菓子やお土産を頂戴する事が多くなってきました。有難い事です。主には自由診療で大掛かりに治療をさせて頂いたお客様がそのようにして下さるのですが、治療にかなりの費用をかけて頂いた上にそのようにして下さる事からも、保険の範囲で安くそれなりの治療を提供するよりも、自由診療による質の高い治療を提供した方が顧客満足度が高い事が伺われます。このような体験からもいろいろと気が付く事があります。

さて、経験から、日本人が誰かに贈り物をする時には3種類の動機があるように感じます。

①相手に感謝の気持ちを伝えたいとき(約88%はこれ)

②相手に、これから依頼するジョブに関して『どうか宜しくお願いします』という気持ちを伝えたいとき(約10%はこれ)

③相手がどうしても自分の期待通りに動かない時に、最後通達のメッセージとして贈り物をする(約2%はこれ)


この③の意味の贈り物が存在する事を大人になってから知りました。先日、私も、ある公務の小委員会のトップに対して「ボスではなくリーダーとして皆の先頭に立って下さい!」と伝えたくて手土産を持って自宅に挨拶に行ってみたりしました・・・。

「今回、あえて私があなたに贈り物をする理由を考えてね。」という秘められたメッセージに気が付かずに①と勘違いしてしまい、能天気にスルーしていると、晴天の霹靂のような事態が起きかねません。

日本の文化では「ありがとう」の一言でも色々な意味を表現します。本当に有難い時も「ありがとうございます。」ですが、「もう勘弁してくれ~。」の意思表示の時も「ありがとうございます。」と言ったりしますね。

外国人にはなかなか理解ができにくい、この複雑な表現方法。思考回路の過半数が外国人であると自負する私も(言葉通りに受け取ってしまい)秘められた気持ちをなかなか理解できない事があります。

気をつけようと思います。