カテゴリー別アーカイブ: 実際の治療例や関連情報

この違いは「防湿へのこだわり」からか?

今日、お二人のお客様の保険の銀歯(被せ)を外して、興味深い経験をしました。

A 様も B 様もお二人共英保歯科に予防に通院されている30歳代の女性で、共に約3年前に奥歯に装着した保険の銀歯の被せを外したのです。目的は「ジルコニアの白く清潔な被せに変更する」ためです。

お客様の条件としてはほぼ同じという事になりますので、比較対象になりますね。

唯一の違いは「英保歯科で装着(接着)した保険の被せ(A様)か、他院で装着(接着)した保険の被せ(B様)か」という点だけです。

A様:3年前に英保歯科で装着した保険の銀歯の被せです。
A様の被せを除去したところ。3年経過していますが、内部は綺麗でホッとしました。
B様の被せ。こちらは英保歯科ではなく、某歯科医院で3年程前に作製・装着してもらったものです。
同じように除去してみました。内部には細菌が侵入しており、このように汚染されていました。

同じ保険の銀の被せなのに、何故このような違いが出るのでしょうか?正直言って私にも解りません。

だた、英保歯科では被せを接着する時にも必ず防止装置(ZOO)を使って、歯をしっかり乾燥させた状態で接着剤を塗るようにしています。

ひょっとしたら、私のこの「防湿へのこだわり」が経過の違いをもたらしているのかも知れません。エビデンスはありませんので想像ですが。

GBR(骨誘導再生法)とは?(閲覧注意)

たまには歯の話を。今日はオペの写真を出しますので、気の弱い人は見ないように。
私のオペは最近特に「できるだけ患者様自身の組織を利用する。低侵襲。ステップバイステップで確実に。」という方向に収束してきておりますので、他の歯科医院のホームページに紹介されているGBRに比べると「派手さに欠けたり、少々期間がかかったりする」部分があるかも知れません。

インプラントを長持ちさせる為には、インプラントの周囲に(2㎜程度の)骨と(3㎜程度の厚みの)軟組織と(2㎜程度の)角化粘膜が存在している事が理想とされています。
平たく言うと、「インプラントの周囲が必要十分な骨や粘膜でしっかりカバーされていると長持ちする」と言う事なんです。

でも、歯を抜いてしまうと骨も軟組織も半分位に減ってしまう事が多いので、しばしば骨や軟組織を移植する手術を併用します。

今日はその一つ、骨を増やす手術について解説します。現在では 骨誘導再生法=GBR(Guided Bone Regeneration) が一般的に採用されます。

繰り返しになりますが、手術の写真を見たくない方はここで閉じて下さい。

では、始めます。

(入れ歯では無く)インプラントで機能回復をします。でも、インプラントを埋入するには幅が狭すぎます。
}の所がコニカルコネクションのインプラント体。長期的に安定して機能させるにはインプラント全体が骨の中にしっかりと納まる必要があります。
ノーベルガイドを使って3次元的に正確なポジションに埋入します(Guided Surgery)。
3次元的に理想的な位置にインプラントを埋入しました。でも手前の方のインプラントの一部が露出しています。
そこに、自家骨移植を行いました。人工骨の使用量を減らすかゼロにするように努めています。
吸収性メンブレン(サイトランスエラシールド)を設置して自家骨をカバーします。(自家骨移植を併用するこの術式は大阪口腔インプラント研究会倫理委員会の承認を得て行っております。)
減張切開をして粘膜を寄せます。
連続縫合で閉鎖しました。
厚みが増しています。(インプラント周囲に安定した骨が出来るのを待って)約6か月後に軟組織の移植をする予定です。
上の写真と比べてみてね。

GBR(骨誘導再生法)の実際がどのようなものか、御理解頂けましたでしょうか?

多くの歯を失ってしまった後、まともに噛めるように機能回復しようとすると、このように肉体的にも精神的にも経済的にも結構大変です。
こうなったのも、とっっかりは虫歯にして、痛くなってから歯医者に行く「後手後手」のパターンしか知らなかったためです。早期に予防歯科医に出会っていたら良かったんだけどね。ちょっと気の毒だ。

最後に。いつものセリフですが、「予防をして持って生まれた自分の健康な歯を維持さえすれば、タダで最高のモノを手にし続ける事ができる」のです。だから、しっかりと予防に努めてね。

保険のCAD/CAM冠の長所・短所

はじめにお断りしておきますが、今回お話する事はあくまでも私の個人的な見解であり、厚生労働省が認可し歯科医師会や各種学会が安全として採用している治療方法を否定するものでは、一切ありません。

「保険でも結構奥歯まで白い被せに出来るようになりましたよ。お安く出来ますので、今回の虫歯の治療は銀の被せではなく保険で白い被せにしませんか?」と担当の歯科医師から説明された事はありませんか?

それは保険のCAD/CAM冠という、かなりの強度を持ったプラスチックのブロックを削り出して作った被せ(クラウン)の事です。

【注意】今回お話する保険のCAD/CAM冠は被せ(キャップ形態のもの)であって、保険で出来る白い詰め物(コンポジットレジン充填)とは全く異なる治療方法です。混同しないようにして下さい。

この保険のCAD/CAM冠ですが、英保歯科では過去に数本程度の治療経験がありますが、その数回の使用経験から思うところがあって最近は全く使っておりません。

最近は「ジルコニアの被せか金の被せか、あるいは保険の銀(色)の被せ」から選択する事がほとんどで、保険のCAD/CAM冠は、もう長くは持ちそうにない程に傷んでしまっている歯で、かつ目につく部位にある歯に対して「短期間の最後の『死に化粧』として使う」事が稀にある程度です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、「他院でやってもらった保険のCAD/CAM冠が脱離した。」との事で来院されたお客様がおられましたので、この症例を通して私が思う保険のCAD/CAM冠の長所と短所についてお話したいと思います。

中央が保険のCAD/CAM冠です。右は保険の銀歯。左はご自身の無垢の歯。左は最高のクオリティ、尚且つタダ(0円)!

この中央の保険のCAD/CAM冠が外れちゃているそうです。指でそっと引っ張ってみると・・・。

内部の歯がこんな風に真っ黒けになっています。何で?何が起こったの?
その外れた保険のCAD/CAM冠の内側を見てみましょう。元々は白くて綺麗だったはずの内面ですが、ご覧のように黒いものがいっぱい固着しています。何で?

保険のCAD/CAM冠の長所:
1)値段が安い

保険のCAD/CAM冠の短所:
1)高強度といっても、しょせんプラスチックなので咬合力(ものを食べる力)がかかる度に変形・復位を繰り返し、界面の接着が少しずつ破壊される。完全に外れてしまうまで、クラウンと歯の間が開いたり閉じたりしてポンプのようになり、食べカスや虫歯菌や歯周病菌が内部に侵入する。場合によっては内部を真っ黒な虫歯してしまい、その歯の寿命を非常に短くしたり、しばしばターミネートする。
2)歯を削る量がとても多い。歯を削る量は (レジン充填<)金や銀(色)の金属の被せ<ジルコニアクラウン<eMAXなどのガラスセラミックスによる被せ<保険のCAD/CAM冠となる。理由は(プラスチックなので)割れてしまったり、変形による早期の脱離を避けようとしてクラウンの厚みを厚くする必要があり、結果的に歯を細く削ってしまうようになる。歯の寿命は残存歯質量に比例するので、歯を細く小さく削ってしまうと、場合によってはその歯の寿命を非常に短くしたり、しばしばターミネートする。

早期に外れるとトラブルの原因になるので歯科業界は少しでも長い間外れないように接着剤などを改良する努力をしているが、しょせんプラスチックの歯なので何をやっても上記の現象は避けられない。個人的には「むしろ早期に外れてくれた方が歯のためにはマシ」とさえ思えてくる。

とにかく今回は、この(外れてきた)保険のCAD/CAM冠をできるだけ綺麗に清掃して再度装着させて頂きました。しばらくはくっついているでしょう。

他院の担当の先生が責任を持って説明し、こちらのお客様もその時に自己責任でお選びになった上で、お二人で施行された保険のCAD/CAM冠の治療です。(この方と私との信頼関係が確立されていない現時点で)私が保険のCAD/CAM冠についてとやかく言っても「自由診療を勧めてくる、儲け主義の歯医者!?」と誤解される恐れがあります。何年か予防歯科で当院に通院して下さった暁には、私を100%信じて貰えるようになるかも知れません。その時を待ちたいと思います。

チーム英保歯科とお客様とで協力して一生懸命行った自由診療の仕事です(技工は Dental Digital Operation 様)。緑はご自身の歯に被せたジルコニアクラウン。お客様の希望で根管治療をしなかっので、1本10万円程度です。(青はインプラントの上部構造にジルコニアクラウン使いました。2本のインプラントを含め、この4本の治療費は合計で100万円程度かかりました。)
他院で行った保険のブリッジが入っていたのですが、「ちゃんとした治療をして欲しい」とのご希望で英保歯科にお越し下さいました。
緑に対して本当は根管治療とコアからやり直しさせて頂きたかったのですが、この時はまだお付き合い始まったばかりだったので無理でした。今ならOKが出るよ、きっと。

保険のCAD/CAM冠も自由診療のジルコニアクラウンも、どちらも白い歯ではある訳ですが、あなたはとどちらに Value for Money を感じますか?

私なら同じ白い歯でも100%自由診療のジルコニアクラウンの方に感じますね。

おっと、その前に「予防して自分の歯を虫歯や歯周病にしない努力を選択します。」と言うべきですね。そうすればタダで最高のものを手にし続ける事ができるのですから。

意図的抜歯・再植術(閲覧注意)

歯医者のブログだから、今日も歯の話。決して話題に困っている訳ではありません・・・。
えっと、今日は「残せそうにない歯を一旦抜歯して、位置を変えて再植した」という手術の写真をお見せします。見たくない人は見ないでね。明日は岡山大学に講義に行ってきますので、普段のようなブログに戻る予定です。

もう25年以上もずーっと真面目に、英保歯科に予防の為に通院して下っているご婦人。予防歯科のお陰で未だに一本も歯を失っておられません。「英保先生と出会えて自分の歯を全部保つ事ができています。」と言って下さいます。私達の想いが伝わっていて、嬉しいな。

その彼女も今では75歳を超えていらっしゃいます。今日、「銀歯が折れた」との事で(ドクターのアポイントで)来院して下さいました。

そのご婦人の歯。他の歯科医院で過去にやってもらった、左に写っている銀歯と同じような保険の銀歯がかぶせてあった歯が「ポキッ」と折れたそうです。神経が取ってある歯だから弱くなっていたのでしょう。何とかしてあげたいと思って頑張ってみたのですが、歯肉の中の方で折れているから(黄色矢印)どうしても残せそうにありません。

「抜かせて頂いて宜しいですか?抜いた後はインプラントになるかも知れません。お金がかかる治療になる可能性がありますが・・・。」とお伺いすると「ハイ。英保先生がおっしゃるのでしたら諦めがつきます。その後の治療もお金がかかっても、先生の言われる通りにしたいと思います。」とのお返事を頂きました。信じて貰えて嬉しいな。

神経を取ってある上に高齢なので歯根と骨が癒着しているのですが、なるべく歯を壊してしまわないようにオステオトームという器具を使って慎重に抜歯しました。上手い具合に歯を傷つける事無く抜歯できたので・・・。虫歯になっていた場所を歯肉の上に位置させて再植してみる事を(術中に)ご提案しました。

「英保先生にお任せします。」とのご返事。信じて貰えて嬉しいな。

抜いた穴の底にベータTCPという人工骨を填入しました。
これがベータTCPという人工骨。時が経てば吸収されてご自身の骨に変わります。
そのベータTCPの上に抜いた歯を植え直して縫合しました。虫歯の部分が歯肉より上に位置しています(青矢印)。

この後、この歯が骨に癒着するのを待ってみたいと思っています。癒着した歯根は徐々に吸収されてしまうのですが、運よく10年持てば85歳です。これが成功すればインプラントを避ける事ができると同時に歯を一本も失わずに済みますね。

このようなチャレンジングな治療は「歯科医師とお客様の信頼関係」が完全に出来上がっている時のみご提案が可能だと考えます。

歯科医院とお客様の信頼関係も夫婦の信頼関係と同様に、何年も何年もかけて築き上げるものなのです。彼女と私はその信頼関係が出来ているのです。

セラミックのかぶせを外して再治療した。これも予防歯科なんだけど、解る?

歯医者のブログなので、当然のように今日も歯の話です。(え、最近は車の話ばっかりだったって?そうだったかなァ?)

ずーっと英保歯科に予防に来て下さっているお客様の歯です。昔他院でやってもらったセラミックの歯の歯肉側が茶色になっています。「今ちゃんと修復し直さないと、ポキッと折れてきたりした時には抜歯してインプラントですよ。」と説明したところ、自由診療でやり直しされる事を選択されました。信じてもらえて嬉しいな。
根っこの先に病巣があります・・・。
セラミックの被せを外してみたら・・・。まあ、わかってたけどね。
銀合金のメタルコア(金属製の土台)を取り除いたところ・・・。まあ、わかってたけどね。
・・・。頑張って掃除しよう・・・。
根管充填剤というものを全て取り除きました。(青い所に入っていた)。これが大変な仕事なんです。
根っこの先っちょの近くにある側枝という所(黄矢印)にバイオセラミックスを填入する事に成功!これで病巣は縮小するはずです。
今回は土台にファイバーコアを使いました。黒い所は銀合金によるタトゥーで虫歯の取り残しではありませんからご心配なく。
丁寧に削って、技工士の先生にジルコニアセラミック冠を作ってもらいます。
ジルコニアセラミック冠を仮止めして使ってもらいます。具合が良かったらレジンセメントで接着します。

自由診療で20万円ほどかかりますが、これでこの歯の寿命を「グン」と延ばす事ができました。充分に価値のあるお金の使い方だと、私は思います。読者の皆さんの価値観からご覧になったら、どう思われますか?

できれば10年、20年と持って欲しいのですが、既に神経を取ってしまってありますからね・・・。祈る思いです。

私が言いたい事は「歯科医師がこれだけ頑張って、お客様は何回も何回も通院して、高額の治療費を払っても、元々の無垢の歯には戻せない」という事なのです。予防が一番シンプルで簡単でほぼタダである事をしっかり理解して実践して頂きたいと願います。

英保歯科的、前歯が欠けた時の治療方法

「先生、大変な事になりました。縫い物をしていて『グッ』と力を入れた時に、前歯が欠けちゃったんです。」
「どれどれ・・・。ホンマや。」

黄色の矢印の部分が欠けてしまっていますね。
斜め横から見たらこんな感じ。

見た目は全然気にならないし、痛くも何ともありません。舌触りも気になりません。でも、ここから虫歯にならないか心配で、詰めておいてもらおうかと思って、来ました。」
「そうですね。レジンで修復すれば一旦は綺麗にはなるよ。0.何ミリかは削って詰めるようになるけどね。」

エナメル質を一層(ほんの少し、0.2㎜か0.3㎜ 程度だけ)削って、接着剤を塗り、薄緑の範囲に「コンポジットレジン」をくっつければ全然目立たないレベルまで綺麗になります。一旦は
違う方の歯の写真ですが、そのように綺麗に修復しても、治療後数年から10年程経てば、詰めたコンポジットレジンや接着剤(高分子化合物)の加水分解が起きてしまい、詰めた部分に変色が発生します。この写真の黄色矢印で囲まれた範囲は何年か前にコンポジットレジンを詰めてもらったそうです。

加水分解はプラスチック製品の表面がだんだん「ベトベト、ニチャニチャ」になってくる、例のやつです。私達の身の回りも最近は中国製の製品ばかりになってきましたが、質の低いプラスチックは加水分解が早く進んでしまいます。例えば、100均の製品などは数か月でベチョベチョになってくる事がありますね。
歯科で使うコンポジットレジンは医療用で非常に高品質です。100均のそれとは比べものにならない程の耐久性がありますが、それでも加水分解は避けられないのです。

緑の所をレジンで修復したとして、10年後には加水分解が起きて変色するので更に大きく削って(青の範囲まで)再度詰めるようになります。

それから更に10年経ったらどうなるでしょう。一旦削って埋めてしまうと生きている限り「詰めなおし」が繰り返され、詰め物の範囲はドンドン大きくなって行きます。考えてみたら恐ろしい「負のサイクル」ですね。

お客様と相談した結果、「自分の歯並びや噛み癖を知って、これ以上破壊しないように気を付ける。見た目は全く気にならないという事なので、今回は詰めたりせずに定期的なフッ素コートだけで経過を見る」事になりました。それなら加水分解による変色とも無縁だからね。

この写真をお見せして、この方が前歯を欠けさせてしまった原因を説明し、そのような癖をやめてもらうようにお願いしました。

英保歯科ではこんな感じで、かけがえのないお客様の歯に簡単に手を下す事はしておりません。きっと、合う人には合う、変わった歯医者だな。

ゴールドとジルコニアの長所・短所

10年程前はインプラントの上部構造にゴールドを使っていましたが、最近はジルコニアを使う事がほとんどです。

左の大きな歯2本はインプラントです。10年以上前はこのような金歯にしていました。装着して1年後の写真です。
それから10年経過した後の写真です。変化が解りますか?正解は後半で。
現在のレントゲン像。10年以上経過した今でも、骨の状態も良好です。
こちらの方の一番右がインプラント(上部構造はジルコニア製)。最近は(7番以外は)ジルコニアを使う事がほとんどです。金よりこっちの方が綺麗だから好きでしょ?
ジルコニアは生体親和性が非常に高いので、歯肉に全く炎症が見られません(青色の矢印のところ)。硬度も高く壊れにくいのも長所で、(良くも悪くも)自然にすり減る事はほとんどありません(黄色のところ)。

お正月のお料理に金箔が使われるように、金は食べても大丈夫なほどに生体親和性が高い材料ではあります。でもジルコニアには敵いません。但し、金は硬度がエナメル質に近いので、咬み合わせの変化に追従して、自然にすり減ってくれるのです。これが金の持つ圧倒的なアドバンテージで、現在でも(一番力がかかる)一番奥の歯、7番には金を選択する事がしばしばです。

ほんの少しですが歯肉に炎症反応が起きています(黄色の矢印のところ)。
ゴールドに特徴的な事は、長い年月の間に咬み合わせの面が顎の動きに呼応して自然にすり減っている事です(白い〇で囲まれた範囲)。

コールドとジルコニアの長所・短所が御理解頂けましたでしょうか?

ガイドを使ったインプラント治療

先日、英保歯科では3Dシュミレーションを多用するようになっていますとお話しましたが、インプラント治療においてはルーチンに使うようになっています。

CTと歯型をソフト上でマッチングさせて、その画面を使って治療計画を立案します。左は手術中に使う、3Dプリンタで作るワンオフのマウスピースを、右は理想的なインプラントの位置と歯の位置を示します。
one abutment one time concept で手術しました。
その上に取り付けた、ジルコニア製の歯。美しいでしょ?
そのレントゲン写真。一番上映像の右側の像と比べてみて下さい。そっくりだと思いませんか?ガイドを使って埋入したので、狙った3次元的位置に完全に埋入する事ができています。

ゼロボーンロスコンセプトの視点から見ても、このインプラントの周辺の骨は安定して経過すると思われます。

保険の銀歯を外しても、もう驚かなかった

いつもお伝えしていますが、今回のトピックでも「保険の銀歯は全然ダメで、自由診療のセラミックなら大丈夫」と言ってる訳では決してありません。誤解の無いようにお願いします。

「痛くも何ともないので。」との事でしたが、写真を撮って隙間がある事を説明したら、銀歯を外してみる事を希望されました。
ハイ。いつもの感じですね。
う蝕検知液で染色して虫歯の取り残しが無いか、客観的に評価します。この後、水で洗い流すと・・・。
ご覧の通り。赤っぽく染まっている所はまだ虫歯菌が感染しているので、削って取らなくてはなりません。
ちょっと細工をして・・・。
コンポジットレジンでジルコニアセラミックオンレーにする下地(ベース)を作ります。

毎日毎日、このような事ばかりやっています。日本国と日本人の歯科事情、いつか何とかなる日が来るのでしょうか?

矮小歯にジルコニア・べニア

歯のサイズが標準より有意に小さい歯を矮小歯と呼びます。
前歯の矮小歯はどうしても目立ちますので、見た目の印象に影響を与えてしまいます。

大学生になった女の子。2番目の歯が矮小歯です。ちょっと格好が悪いので、何とかして欲しいとのご希望でした。

昔は大きく削ってセラミックの被せをしていたのですが、近年は歯をほとんど削らずに、ラミネートべニアと呼ばれる「セラミックで出来た付け爪」のようなものを手作りして接着する事が可能になっています。

ジルコニアは人口宝石の材料にも使われる程の美しさを持ちますが、最近はそのジルコニアの性質の向上が目覚ましく、CAD・CAMシステムを利用したジルコニア・べニアを使って治療する事もあります。

英保歯科で5年前に接着したジルコニア・べニアの経過をご紹介します。

全く歯を削らすに(←ここ大事!)ジルコニア・べニアを接着してアッというまに5年が経過しました。

流石、インプラントに使える程の生体親和性を持つジルコニアです。歯肉の炎症も皆無で、まるで自分の歯のようです。
もちろんこのべニアの制作に携わって下さったデジタル専門の技工所、DDO(Dental Digital Operation)の技術が素晴らしい事は言うまでもありません。