カテゴリー別アーカイブ: 食育・健康

ジュースは朝ごはんの時だけにしてね

夏休みに入って子供達が家にいるようになっています。

我が家も同様で、息子二人が全然勉強せずにラジコンで遊ぶか、勝手に自転車で出かけてお昼時にも帰って来ないか、朝から床にゴロゴロして本を読んでいるかで、全然言う事を聞かないので妻が壊れかけております。(「女には解らん男の価値観ってもんがあるんじゃ。もっともっと好きにやって、女に教えてやれ!」と、息子達を心の中で応援しつつ、怖いので自分の部屋に逃げ込んでこのブログを書いています。)

さて、学校に行かないと生活リズムが崩れます。それから、暑いから冷たい飲み物が飲みたくなりますね。

①1リットルのパック入りのジュースは野菜生活であってもなるべく買わないように頑張ってあげて下さい。

②もし魔が差して1リットルのオレンジジュースなどを買ったとしても、「飲むのは朝ごはんの時だけ、後は昼も夜も麦茶しかダメ!」と指導してあげて下さい。ジュースをダラダラ飲むと前歯が確実に虫歯になるし、血糖値が高いままになってご飯をまともに食べなくなり、体や心にも悪いから。

③アイスクリームもたまには良いけど、6本入りのパックが冷凍庫に入っていて毎日食べるような状況にするのは避けてあげて下さい。(1日2、3本とかは論外ですよ!)

子供の体は大人と違って小さいし、成長発育の過程にあります。体と心の成長が完了する時まで、一日、一日を大切にしてあげて下さい。

甘いものを飲んでも、食べてもいいんですよ。ただ、頻度をコントロールしてあげて下さい。

無限の可能性を秘めた、彼、彼女の将来の為にね。

イヤー、部屋に籠っているから、筆が進むわ。

最近の若いお母さんは本当に偉い!

最近は三田市の3歳児健診に出務しても虫歯を見つける事が無い程に、若いお母様方の歯に対する意識が高まっています。世の中、変われば変わるものです。

さて、今日の予約の中に「○○様(3歳・初診・虫歯)」という方がおられました。約束の時間ピッタリに、小さな、とても元気なお子様3人をお連れになったお母様が申し訳なさそうに入って来られました。初めまして、ようこそ英保歯科へ。

お母様:「先生、虫歯ができちゃったんです・・・。」

私:「ホンマに虫歯ができたの?3歳で?穴が開いてるの?」

お母様:「スミマセン・・・。奥歯が茶色くなっているんです。」

私:「どれどれ?とにかく、ちょっと見せてね。」

(この写真はイメージです)「虫歯ができた」との事でしたので、こんな感じのお口の中を想像していました。黄色い矢印は帯状にべったり付着している歯垢を示しています。この子は「歯磨きしないから」虫歯になったのでしょうか?
実際はこんな状態でした。確かに茶色くはなってはいるが・・・。
極細の歯科用器具(探針)で弾くと、ご覧のように取れました。食べ物の破片が詰まっていただけだったようですね。しかし、唾液量が多くて素晴らしい。
これだけ唾液が多いと、そう簡単に虫歯になんかならないよ。というか、虫歯にしたらダメだよ。
この子の前歯。上の前歯の間(青矢印)の所も虫歯にしていない。甘い飲み物のコントロールが出来ている証拠。
唾液の量も理想的に多い(緑矢印)。きっと「早寝・早起き・朝ご飯」ができているのだろうと勝手に想像。

私:「虫歯じゃないよ。ちゃんとできていますよ。お母さん立派なもんだ。しかし、最近の若いお母さんは本当に偉いね。30年前の子供は虫歯だらけだったけどな。これからはもっと積極的に予防して、3人のお子さん全員、虫歯ゼロの人生にしてあげて下さい。難しい事じゃないよ。」

お母様:「良かった!これからはちゃんと予防に連れて来ます。」

最近の若い世代は凄いな。地球環境の先行きにも不安があり、経済が停滞してあまり贅沢もできないのに、「本当に大切なものは何か」をしっかりと見抜いてクレバーに、クールに、確実に生きている人が多い。

本当に大切なものは何?きっとヴィトンのバッグじゃないんだろう、とは思う。

おっさんの英保先生ですが、私の価値観はむしろ今の若い人達に近いかな?なんて、感じています。

Nさんは91歳でも元気、元気。

Nさん(女性)は65歳の時から26年間ずーっと、年に3回英保歯科に予防の為に通院しておられます。26年も経つと65歳だった彼女も91歳になられましたが、予防に努められ、歯の状態を非常に良好に維持されています。私が最後に虫歯の治療をしたのがいつか思い出せない程なのです。

10年ほど前に、けやき台の一戸建てからフラワータウンのマンションンに引っ越しされて現在は一人暮らしですが、足腰もしっかりして非常にお元気で、耳も良く聞こえ、目も良く見えて、認知レベルも完璧です(私よりしっかりされているかも)。今日も(何と!)一人でバスに乗って英保歯科まで来て下さいました。

お嬢様一家が三田にお住まいで、今日はお嬢様が時間を合わせて、英保歯科までサポートに来て下さいました。「いつもお世話になっております。母がこんなに元気なのは、歯が良いお陰だと感謝しています。本当に有難う御座います。」と、お嬢様。「全くその通りだと思います。私も拝見していて嬉しい限りです!」と、私。

年3回の予防歯科治療だけでなく、Nさんの性格、食生活習慣、暮らしのスタイルなども随分とプラスに働いているのだと思います。

マンションで一人暮らしですが、趣味などを上手に活かして明るく充実した生活をされているのでしょう。食事も自分で「体に良いもの」を調理して楽しく召し上がっているのでしょう。それから、ジャンクフードはきっとお好きでは無いでしょう。

高齢ですが、フロスは毎日お使いですよ。皆さん、見習いましょうね。

私の母も80歳を超えて一人暮らしですが・・・。

今の高齢者は若者に比べると裕福で経済的に独立できるので、子供達の考えに従う必要がありません。そこがかえって難しい所です。

2世代、3世代同居で仲良くというのは理想的ですが、お互いストレスを感じながら同居する位なら、上手に距離を保って良い関係を維持するのも賢明な選択肢ではないかと思っています。

色々な事が思い浮かんだ、今日でした。

歯磨きは二の次、三の次

友人のNさんが「こんな記事を見ました。どうなんでしょうか?」と連絡して来てくれました。興味深い内容ですのでシェアーして皆で考えてみたいと思います。是非読んでみて下さい。

歯磨きに「虫歯を予防する効果はない」衝撃事実
「虫歯を減らす」たった2つの方法とは?
山本 龍生 : 神奈川歯科大学大学院歯学研究科教授・歯学博士

まあ、概ねその通りだと思いますが、「釣り」のためにタイトルを多少ショッキングにしてありますね。歯磨きも必要ですよ。べっとりと付着している歯垢の下では、やはり歯が溶けてゆきますから。

ちなみに、この山本龍生教授は岡山大学の後輩です。岡山大学は接着歯科と予防歯科の教育に非常に力を入れているので、私や彼のような予防を非常に重要視する歯科医師が出てくるのです。自分が岡山大学卒で良かったと思っている大きな理由の一つでもあります。

さて、皆さんはどう思われましたか?

歯磨きに「虫歯を予防する効果はない」のでは無く、歯ブラシだけでは虫歯の予防はできない。フロスとフッ素入りの歯磨剤の使用、そして予防歯科治療(年3~4回のプロフェッショナル・クリーニング)を受けなければ、虫歯(や歯周病)を予防する事は不可能である。更に、最も重要なのは、食生活習慣がある範疇を逸脱していたら、いくらこれらを実践しても予防は不可能である。と言う事です。

つまり、歯磨き(歯ブラシ)だけしておけば虫歯を予防できると思い込んでいる事が大きな間違いなのです。

10年くらい前の出来事ですが、このような忘れられない経験があります。父親が「歯が痛いと言っているから見てやってくれ」と突然連れてきた小さな子。嫌がって泣き叫ぶこの子の虫歯治療を(その当時はスタッフが抑えつけて)無理やりやって、何とか最後までやり終えた時、その父親が子供に向かって「だから言ってるやろ。お前が歯磨きせえへんからこんな事になるんや。」と吐き捨てるように言い、その子は「歯磨きしてるもん。」と泣きべそをかいていました。「違うんだけどな・・・。」と心の中で呟いた私。その親子とはそれが最初で最後のご縁でした。

ちなみに、イギリスでは子供を酷い虫歯にしている親は虐待罪で逮捕されます。

日本では皆さんの想像も出来ないような歯の状況の大人や子供が世の中に居る事も事実です。自由・人権・ゆとりで各個人の好き勝手にさせてあげるのも良いですが、将来ある子供達の歯の健康は、誰かが声を上げて、分け隔て無く普遍的に守ってあげるべきではないでしょうか?

山本教授と同様に私も声を上げ、引き続き予防歯科の普及を通して未来ある子供達の歯(=人生)を守って行きたいと思います。

なお、先日若草幼稚舎の歯科健診に行ってきましたが、それはもう見事なもので虫歯のある子はほぼ皆無。笑顔はじける元気な子供達ばかりで嬉しくなりました。最近の若いお母様方がどれだけしっかりと子育てをされているのか良くわかりましたよ。感心、感心。

日本BBM研究所の上坂先生を訪問

今日は忙しく、かつ有意義な休診日となりました。

まず、午前中はつつじが丘小学校と長坂中学校の歯科健診に行ってきました。

一旦帰宅して、妻に頼んで用意してもらっていたお弁当を食べたら、又すぐに車に乗り込みました。川西にある日本BBM研究所に行くためです。

川西まで1時間弱のドライブですが、折角の晴天ですから屋根をオープンにして、山田地区を斜めに抜ける林道のクルーズを楽しみました。気持ち良かった。

さて、あらゆる事を断捨離中のミニマリストの私ですが、今回はどうしても会ってみたい細菌学者が川西におられるので、友人のN様にご無理をお願いして対談を設定して頂いたのです。

2時間半に及ぶ対談でしたが、非常に盛り上がって、アッという間に時間が過ぎました。
ABM乳酸菌の効果効能を熱く語る上坂先生。
私は大学院で口腔細菌の研究をしていました。同じ細菌学者として共感できる部分が多く、話が弾みます。嬉しそうでしょ?
内助の功の塊、上坂先生の奥様と共に。

現在、私自身がABM乳酸菌を摂取してみております。心と体に良い変化がみられるように感じているのですが、今日お話をお伺いして、その理由が理解できました。

今日の対談の内容は、また折を見てお話しますね。

上坂先生、奥様、お嬢様、そしてN様、今日は本当に有難う御座いました。

予防に興味の無い人「あるある」

歯が痛い時だけ電話をして来られる方がおられます。先日の朝、10時頃に電話がかかって来て、「歯がグラグラして痛いから、今日の午前中に診てくれる?」との事。アポイントに空きさえあれば対応させて頂くのですが、最近ファミリーの方の治療で非常に忙しいので、ほぼ後日のご案内となってしまう事がほとんどです。申し訳ない事です。

結局、3日後に御来院頂きました。こちらの初老の紳士は約2年ぶりの来院になります。「(歯周病で)グラグラになってしまった歯を抜いて欲しい」との事でした。今回もご希望に沿ってそのようにさせて頂きましたが、重度の歯周病で随分と歯の数が減ってきています。

過去数年来のお客様で、今まで何度も予防歯科やメインテナンスの重要性を一生懸命お話させて頂いたのですが、私の説明が下手なようでご理解頂けないようです。あまりしつこいのも良く無いでしょうから、最近はお話しないようにしています。

別の方ですが、この方と同様に過去に何度も何度も説明したのですが伝わらず、結局予防歯科に価値を見出せなかった高齢のお客様がおられます。最近ついにほとんどの歯を失って大きな入れ歯になったのですが「まともに食べられないから、食事が(≒生きている事が)おっくうになってきた。」と仰っていました。「歯を失った方は皆さんそのように仰いますね。」とお答えしました。無言でしたが、非常に後悔されているような表情でした。

ところで、このような「予防やメインテナンスを受けない中高年の方」に共通する特徴があります。それは
①問診表に書き切れないほどの薬を飲んでいて、「多すぎて書けないから、お薬手帳を見て欲しい」と渡して下さる事が多い。
②糖尿病や心筋梗塞や脳梗塞など、歯周病と関連する病気を持っている。
③歯が抜けているので皺が増えたり、口元が貧素に見えてしまい、どうしても年齢より上に見えてしまう。

こちらの方もやはり、お薬手帳と糖尿病と歯周病の3点セットでした。日頃から予防歯科を実践していたら、3つとも防げたかも知れませんね。

全身の健康と歯の健康は密接に関係しています。歯は大切にされた方が良いですよ。

若者よ、気付け、怒れ、自分の人生を大切にしろ。

バブルを経験した世代はいまだに「それでもやっぱり日本が一番」と勘違いしている節がありますが、私は今の日本はすっかり後ろ向き全力疾走の後退国になっていると思っています。
年長者が色々な妄言を言ってみても、日本の出生率はドンドン低下して働く人がいなくなってきているので、勢いのあるアジアの国々に負けないためには、生まれて来てくれている日本人(若者)一人一人を大切に育て、そして正しく教育して、日本の若者一人と他国の若者数名とが互角になる程にしなければならないはずです。

しかし、今の若い人達は大切にされているどころか、誰かの金儲けの為に騙されているように思えて仕方がないのです。

小学校から塾に行って少しでも偏差値の高い学校に行く事が最も大切な事のように、親も子供も洗脳されていますが、受験産業の金儲けの為に騙されていませんか?

ゲームやスマホを皆が持っているからと、自分達もそれを買って時間を費やしていますが、ゲーム会社やソフトの会社や携帯の会社の金儲けの為に騙されていませんか?

コンビニが夜遅くまで開いているから塾の帰りに寄ってお菓子やジュースを買い食い。ここでもどこかの大人が儲かるんだ。

学校で本当に大切な事を教わるべきなのに、ピントのズレた教育をされていませんか?大切なのは自分の体と心と自分の人生なんですよ。

社会からもっと大切に育ててもらうべきなのに、現実はこうです・・・。

24歳の男性社会人の口腔内。理系の有名大学を卒業し、一流企業でCAD/CAMを駆使した設計に携わっています。企業は嬉しいでしょうね。ところで、大人は、学校は、塾は彼に何を教えたの?
39歳の若いご主人のお口の中。すでに重度の歯周病に罹患しています。若くしてウッデイタウンに一戸建てを購入し、家族と御両親の為に(=社会や高齢者の為に)身を粉にして働いておられます。ところで、大人は、社会は、彼に何が大切だと教えたの?

若者よ、日本の勢い(人口)が減っているのは貴方達のせいではありません。日本を少ない人数の若者で支えなくっちゃなんて思う必要もありません。年寄りも含めて国民、皆で責任を分担しましょう。私もまだまだ頑張って働きますから。

若者よ、どうか自分の人生(=体=歯)を大切にして下さい。

田中尚喜「百歳まで歩く」を要約すると

ここ1カ月間、ほぼ毎日6キロ歩いています。今朝も歩いてきました。その結果みるみる体調が良くなってウエストが6センチ細くなりました。歩く事は健康の基本だとつくづく実感しています。

医学的には「正しい歩き方」をする事が大切だと思い、何年か前に15万部突破のベストセラーである田中尚喜先生の著書「百歳まで歩く」を(Amazon で中古で)購入して読んで、その歩き方を実践しています。

理学療法士が経験に基づいて書いた良書です。でもポイントは1つだけ。「内転筋」です。

皆さんも買って読んでみたいでしょ?でも本を買うと場所を取ってご家庭の断捨離の邪魔になりますよね?
という訳で、私が要点だけ教えてあげますからまずはそれを頭に置いて歩いてみてはいかがでしょうか?

この本の要点は「内転筋を意識して歩く」これだけです。

膝をチョットだけ内側方向に向けるように意識しながら足を前に出す様にして下さい。足を前に出す時に膝を10度程度内側に締める事を意識すると、太ももの内側にある内転筋が緊張します。この内転筋を鍛える事が末永く歩くためのポイントだそうですよ。

昔、凄く流行ったデューク更家さんのくねくねした歩き方もこの考えに合致しているのでは無いでしょうか?

顎咬合学会指導医・かみ合わせ治療認定医の私が、かみ合わせや姿勢の観点から付け加えるとしたら、

①胸を張って前を向いて歩く(下を向いたり、スマホを見ながら歩かない)

②体幹の筋肉を意識して歩く(腹筋と背筋を使って歩くイメージ)

③ショルダーバッグを片方の肩にかけたり、片手にペットボトルやスマホを持って歩かない。左右対称の姿勢になるようにリュック等を活用する事

毎朝一生懸命歩いていらっしゃる男性を見かけて知っているのですが、片手にペットボトルを持って、ガニ股(足を外側に踏み出す)でひどい猫背で歩いていらっしゃるので「折角頑張って歩いておられるのに、勿体無いなァ。」と思ってしまいます。

私は、歩く時には North Face のヒューズバックを背負って、胸を張り真っ直ぐ前を向いて、膝を締める事を意識して「コアマッスルで歩く。コアマッスルで歩く。」と頭の中で自分に掛け声をかけながら歩いております。

宜しければ、参考になさって下さい。

早く診てあげて良かった

今朝の9時の出来事です。

9時にアポイントを頂いているお客様を待っていると、そのお客様から電話があって「少し遅れます」との事。了解です。
「ゆっくりで大丈夫だから、事故などの無い様に」と心の中で念じつつ、豆を挽いて入れた、香り高いレギュラーコーヒー(もちろんブラック)を飲みながら、今日行う予定のオペのCTなどをチェックしていました。

その時突然、32歳のイケメンの男性(Mさん)が、来春小学校に上がる息子さんと一緒に英保歯科に入って来られました。あれれ、彼の虫歯治療は丁度1週間後のこの時間のはず。受付から「今日診てあげられませんか?」相談があったので、持っていたコーヒーカップを机に置いて「今から治療できるから入って頂いて」と告げました。

この彼は30年以上一本も虫歯になった事が無かったそうです。少年時代にご両親がどれだけ食生活習慣に気を遣ってくれていたか想像ができます。愛情に包まれて育ってきたのでしょう。
ところが残念な事に、半年ほど前に「生まれて初めて」英保歯科で虫歯の治療というものを経験してしまいました。そして今回も。おかしな事にドンドン虫歯になってきています。
「ここ最近、食生活習慣が凄く変わったはずだ!」と確信した私は、治療終了後に彼に話しかけました。

私:「Mさん、最近甘い物を摂る頻度が上がっていませんか?昔と変わったような事が思い当たりませんか?」
Mさん:「そうですね。職場が変わって、(福利厚生で無料で飲める)缶コーヒーが山ほど置いてあるので、めっちゃ缶コーヒー飲んるんですけど、あれってヤバいですか?」
私:「缶コーヒー!加糖でしょう?そんな事すぐに止めて下さい。ブラックなら大丈夫だから、無糖の缶コーヒーを置いてもらって下さい。このままだと20年後には全部の歯がボロボロになって目も当てられませんよ。歯を見せて笑う事もできなくなっちゃうよ。」
Mさん:「砂糖入りの缶コーヒーってそんなに歯に悪いんですか?わかりました。今の職場に入る前はブラックのコーヒーを飲んでいたから、そのようにします。」

彼も息子さんも奥様も、家族全員が(予防の為に通院して下さっている)英保歯科のファミリーなのですが、この息子さんは先日の就学前健診で虫歯があったので「ウチの子が虫歯作ったらあかんやん(笑)。」とお母さんに言った事を思い出しました。

私:「Mさん、息子さんはヤ〇ルト飲んだりしていませんか?」
Mさん:「ヤ〇ルト?!ヤ〇ルトもだめなんですか?あいつヤ○ルト大好きでめっちゃ飲んでるんですけど。」
私:「そのうち上の前歯が溶けて無くなっちゃうよ。そもそも砂糖は歯だけでなく体にも悪から、(貴方のご両親がしてくれたように)親がコントロールしてあげないとダメですよ。」
Mさん:「わかりました。了解です!今日は間違えて来たのに、診てもらって有難う御座いました。」

私:「1週間早く診てあげて良かったよ。治療じゃ無くって、缶コーヒーを1週間早く止める事ができるからね。」
——————————————————–

どうやら、(親の愛情に包まれて大切にされていた時の)昔の彼のお口の環境に戻れそうです。話かけてみて、聞いてみて良かった。
机の上の飲みかけのコーヒーは冷めちゃったけど、ホッと安心できて、私の心は温かでした。

毎朝毎朝、ヤ〇ルト6本飲めます?

今日の夕方に、5歳の女の子が祖母(といっても40歳代に見える←注:こちらの方は英保歯科でインプラントやジルコニアセラミックなどの総合的な治療を行ったので歯がとっても美しい。これも少しは手伝っていると思う)と母親(大人しく、真面目そうな方)に連れられて来院しました。

母親:「この子、凄く虫歯になり易いから、毎月毎月、某歯科医院にずーっと通院してシーラントやフッ素などをしてもらっていたのですが、今日神経を取ってしまった乳歯に銀歯の被せが入ってショックを受けました。優しく評判の良い先生なのですが。銀歯を見た祖母が『一度英保先生に相談してみたら?』と勧めてくれて来院しました。」

お嬢さんのお口を拝見した所、確かに銀歯のクラウンが入っていました。アップデートされたカリオロジーに裏打ちされた予防歯科を実践している英保歯科では、乳歯に銀歯のクラウンは20年以上使っていないと思います。

また、虫歯の特徴をチェックさせて頂いた所、上の前歯の溶け方が著しく、奥歯の虫歯はそれなりです。フムフム。なるほど。

『甘い飲料を習慣的に飲んでいるな。その一方で、おやつの時間は大体決まっていそうだ。無茶苦茶はしていない。ジャンクフードをダラダラ食べさせたり、ラムネやハイチュウをしょっちゅう口の中に放り込んでいるタイプでは無いな。』と瞬時に想像出来ました。

私:「お母さん、ヤ〇ルトを毎日与えていませんか?」
母親:「〇△!?□%?、何でわかるんですか!?毎朝1本飲ませています。」
私:「それが前歯に虫歯を作って、そこに虫歯菌が常駐するようになりお口全体に拡散して奥歯まで虫歯にしているんですよ。おやつの与え方は結構コントロールされていると想像できます。」
祖母:「その辺は、わりとキッチリしてくれていると思います!!(←ナイス助け船)」
母親:「今日は先生に怒られると思って来ました。ホッとしました。」
私:「オレンジジュースを常に冷蔵庫に入れておくのもダメですよ。知識が無いって怖いですね。今日帰ったらどこに電話したら良いかわかりますね。」

カゴ〇の野〇生活の裏面。特殊詐欺の犯人を非難するなら、「おまゆう」でしょ?

ところで、体重10キロの子供が毎朝1本の(あの砂糖タップリの)ヤ〇ルトを飲んでいるという事は、体重60キロの大人なら毎朝毎朝6本のヤ〇ルトを飲まされている事になります。考えただけで吐きそうでしょ?
毎朝6本。虫歯だけでなく、肥満や糖尿病になったり、精製白砂糖が引き起こすイライラで気分が悪くなりそうですよね。

SONYも富士フイルムも事業内容をすっかり変えて再成長しています。Y社さんにも、乳酸菌培養の技術を応用して、次のステージへ行って欲しいと思います。