カテゴリー別アーカイブ: 実際の治療例や関連情報

歯を抜く前に相談してね(閲覧注意)

歯は石ころのような単純な物だと思われるかも知れませんが、むしろもっと高度に生物学的な組織なのです。歯の根の表面には歯根膜という細胞があって、この歯根膜細胞が、その歯と、その歯を支えている骨の両方を正常な状態に保つために非常に大切な役割を果たしているのです。外傷で抜け落ちてしまった歯を乾燥させずに牛乳に漬けて持って来て下さいとお願いしている理由はここにあります。乾くとこの細胞が死んじゃうんです。

歯を支えている骨(歯槽骨といいます)は、歯根膜細胞が無くなると「そうか、もう歯が無くなったんだから自分も必要ないはずだ。」と勘違いしてやせ細ってしまいます。奥歯では歯を抜いただけで歯槽骨の幅が1/3になってしまうと報告されています。

インプラントが充分に幅の広い骨の中に埋入されれば、しっかり長持ちしそうな事は素人の方にもわかると思います。
そのために最近は「ソケットプリザベーション」といって、抜歯と同時に人工骨や特殊なメンブレンを設置して、歯槽骨が減少するのを防止する処置が有効であると報告されています。

つまり、インプラント治療は歯を抜いて暫くしてから開始するのではなく、歯を抜く時から始まっていると思って下さい。
歯を抜いてからネットでインプラントセンターの良さげな所を探して行ってみるというのは、かなり「素人臭い」流れだと言わざるを得ません。

かかりつけの歯科医院でしっかり相談して、「歯を抜いた後はどうするのか」を決定してから抜歯をしてもらって下さい。入れ歯にするんだったら抜きっぱなしで大丈夫ですが、インプラントや審美治療に繋がるなら、抜きっぱなしは後で苦労しますよ。


歯を抜くと同時にコラーゲンや人工骨、特殊なメンブレンを設置して骨を誘導してゆきます。

通常なら痩せてしまうのですが、かなりの幅の骨が維持できました。
インプラントを埋入するホールを形成してもまだ、周囲に充分な骨があります。ソケットプリザベーションのおかげですね。
しっかりとインプラントが埋入できました。

 

 

150円の「超有効な」保険(拡散希望)

サッカー・野球・バスケット、アイススケート、ヨットなどなど・・・。
子供の頃から本格的に練習するクラブが増えていますね。
日曜日には早朝から練習や試合などで、父兄がお世話をされている事と思います。

クーラーボックスにはポカリスエットや麦茶や水などが入っていると思いますが、世話役の代表さんは毎回必ず500mlか1ℓの牛乳を1本買って、クーラーボックスに入れておいて下さい。ストロー付きの小さな牛乳はダメです。開封にハサミがいりますので。

アクシデントが起きて、歯が欠けたり、抜けてしまったりした時にはその牛乳を開封して、歯の欠けた部分や抜けてしまった歯を直ちに牛乳パックの中に放り込んで歯科医院に持って来て下さい。(水道水はもちろんの事、生理食塩水や専用の歯牙保存液よりも牛乳の方が有効である事がわかっているのです。ビックリでしょ?)泥だらけの時は、可能なら、サッと牛乳をかけ流して泥を軽く落としてから放り込んで下さい。自信が無かったらそのままでも良いので一刻も早く牛乳に漬けて下さい。抜けた歯を絶対にティッシュでゴシゴシ拭いたりしないで下さい!!!!!歯根の表面の細胞をダメにしてしまうのです。

幸い牛乳を使う必要がなかった日は、誰かが持って帰って飲めばいいのです。歯が抜けてから慌てて牛乳を買いに行っていては、歯根の表面の細胞が死んでしまって手遅れになることがあります。歯は顔面と同時に怪我をする事がほとんどですから、額や鼻から出血していたりしたら牛乳を買いに行く事にすら気が回らない場合も多いはずです。

たった150円の保険ですが値千金ですので、必ず習慣にして下さい。お知り合いのスポーツ関係の父兄や先生方にも周知徹底して下さい。学校でもママ友仲間でも話題に上げて、この事を教えてあげて下さい。

人生の先が長い子供達の歯は、私達大人の歯以上に大切なのですよ。

実は、お金で買えないものなんですよ。

2年前にインプラントを含め、総合的な治療が完了したお客様。レントゲン検査や歯周精密検査を行って全体が安定している事を確認しました。


治療前は歯が少なく咬みにくそうですね。向かって左下の 一番奥に写っている hopeless な歯以外は治療を行うことにしました。


3本のインプラント、顕微鏡を使った根管治療、ジルコニアクラウンなどを行い、とりあえず2年間が経過しました。

「治療完了直後は1日3回以上磨いていたが、最近は朝食後1回だけしか歯を磨いていない。」との事。夜寝る前のブラッシングを必須として、もう少ししっかりとセルフケアーをするようにお願いしました。

「妻にも、あれだけお金をかけて治療したんだからしっかり磨くようにと怒られるんです。」との事。
心の中で「お支払い頂いた治療費の事だけでなく、私が自ら削ってお渡しした、私の魂の事にも気持ちを巡らせて下さい。」とつぶやきました。

私達歯科医師の何割かは、少なくとも私は、「命と魂を削りながら」お客様の歯の修復に取り組んでいます。これはお金に換算できないものなのです。

予防歯科に真剣に取り組んでおられる英保歯科のファミリーのお客様のために歯科医師としての私の人生を捧げる覚悟をした以上、保険治療であっても自由診療であっても同様に真剣に取り組みます。

私の治療を受けた事があるお客様の中には、私が言っている事を解って頂ける方が少なからずおられると確信しています。

どうしても使えないよ。英保歯科のお客様には。

※今回話題に挙げる「被せ(かぶせ)」とはキャップのような形状のもので、「詰め物」とは違います。

奥歯にも、保険で白い「被せ(かぶせ)」ができるようにはなったのですが・・・。CAD/CAM冠というカッコイイ名前なんですが、保険のCAD/CAM冠は悲しい事にプラスチック製なんです。プラスチックでも強度を出すために、セラミックや金属に比べて被せの厚みが必要になります。つまり、ご自身の歯を大量に削り取らないといけないので、この「保険の白い被せ」は英保歯科では推奨できかねるというお話をした事があります。

しかしながら、少なからずの歯科医院がこれを「ビジネスチャンス」と捉えているようで、「保険で白い被せができるようになったんですよ!銀歯の被せを保険で白い歯にできますよ!やらないと損ですよ!」みたいな事を言っているようです。先の事を考えない、短期間の美容の面ではメリットがあるのかも知れませんが、英保歯科の自分の大切なお客様には、はっきり言ってやりたい仕事ではありませんね。

関連する記事が載っていましたので、下にリンクを貼っておきます。参考にして下さい。

白くて自然 歯科医が推奨「CAD/CAM冠」のメリットと疑問(日刊ゲンダイDIGITAL)

この記事の中では「神経を取ってある歯なら、(削る量が膨大になっても関係ないので)この保険のプラスチックのCAD/CAM冠にしても良いでしょうが」といった事が書いてありありますが、私(英保先生)から見ると「神経が取ってあるからといって削り倒してもOK」という理論は成り立たないと思います。いかなる場合でもたくさん削った歯の寿命は短くなるのです。

このように考えますので、英保歯科では「保険の銀歯の被せ」か「ジルコニアセラミックの被せ」の二者択一になってしまいます。

どうしても白い被せにこだわって、かつ、先々までその歯を残したいのなら、自由診療のセラミックのCAD/CAM冠を選択なさるのが賢明だと思いますよ。

神よ彼を救いたまえ。(閲覧注意)

「歯石がたまってきたから、そろそろ歯医者に行かないと・・・。」それで本当にいいのかな?

4年間も歯科衛生士の先生の治療を受けていないお口の中って想像できます?きっと、英保歯科のファミリーの皆様には考えられない事でしょう。

糖尿病専門医の西田先生は「歯周病は糖尿病とそっくりな所があります。初期は自覚症状がない点と、一度進行してしまうと元には戻れない点です。」と説明されています。

歯石は「歯垢のステージ5」である事は以前にもお話しました。歯石は悪玉菌(歯周病菌と虫歯菌)の核シェルターのようなもの。歯石で完璧に守られた歯周病菌はLPSという有害物質を大量に産生し、歯茎と骨が「音もなく静かに(自覚症状無しに)」破壊されます。
更に恐ろしい事には、生きた歯周病菌とLPSが周辺の毛細血管から体内に入り、全身の血管を駆け巡ります。ですから歯周病が脳梗塞や心筋梗塞の原因になるのです。

歯のケアーを怠ったために脳梗塞になって介護を受け、歯も少なくなって流動食しか食べられない老後自分の姿が想像できますか?

「歯石が付いているだけ」と思われるかも知れませんが、私には「静かな自殺行為」に見えます。
歯石の内側には、歯周病菌の産生した物質が付着しています。真っ黒な色が毒々しいでしょう?

歯科衛生士の先生の予防治療があなたの人生を守ってくれる」という表現が大げさでないことが理解できますか?

英保歯科では歯科衛生士を「先生」付けで呼んでいますが、その理由は、ここにあるのです。彼女達は「命と人生を救う(予防する)仕事」をしているのですよ。

 

 

日本は自由な国

歯の病気は虫歯だけだという固定観念から抜けきれない男性のお客様。過去に何度も歯周病について説明したのですが、歯周病の恐ろしさが未だに理解できないようです。

「詰め物が取れた。痛みは無い。」との事で、英保歯科に4年ぶりにお見えになりました。4年ぶりですが、痛くなるまで歯医者に行かないよりは随分立派です!

「ずっとほったらかしにしていてスミマセン。」とも。怒られると思っておられたのでしょう。確かに4年前の英保先生なら怒っていたかも知れません。

2年前から「断捨離」を遂行して価値観が大きく変わった私(英保先生)。日本は憲法で個人の自由が謳われている国です。一人一人の価値観、行動には自己責任による自由が保障されているのです。「歯(人生)を大切にするのもそうでないのも、あなたの自由なんですよ。」と心の中で答えます。

未成年や、子育て中のお母様、祖父母には(子供達の悲惨な将来が見えてしまうので)熱く、強く説得する事はあっても、成人には理解して頂くために誠心誠意説明するだけで、「怒り」の感情は全く湧きません。「気の毒に」と思う事はしばしばありますが。

4年間も放置していたので、彼のお口の中では、静かに、症状も無く歯周病が進行していました。「簡単に予防できた事なのに・・・。気の毒に・・・。」と思いました。

続きは明日お伝えします。

頑張ります!

今週は忙しいです。水曜日も金曜日も朝8時から夜8時まで12時間、昼休み10分で働きましたよ。こんなブラック企業、労働基準法違反で訴えてやろうと思ったのですが、責任者は自分でした・・・。
3Di根管治療などの自由診療は1回のアポイント時間枠が80分と、長めにさせて頂いておりますので、そのような方のアポイントが連日3人以上入っていたこともあって、前日や当日お電話を頂戴したお客様には、昼休みや朝8時台と夜7時以降の診療時間外の時間帯しかご案内できませんでした。

午後に「英保歯科は全く初めて」という方から「歯が痛い」と電話があって、やむを得ず夜7時からとご案内したのですが、「それなら他に行く」とおっしゃって電話を切られたそうです。申し訳ありませんでした。
歯医者はコンビニより多いそうで、三田にもたくさんの歯医者があって良かったと心から思います。早く痛くなくなりますように。
(ちなみに、シフォンに広告を出しているような大手歯科医院や、小さな歯科医院でも「初診随時(最初は予約なしで突然来て頂いても必ず診察します、の意)」の所はいつでも診てくれると思います。)

英保歯科のファミリーステータスのお客様がお痛みがあるような時には、チーム英保歯科の気力と体力が続く限り、最大限の配慮をさせて頂きます。ホットラインも遠慮なくご活用下さい。だってファミリーステータスのお客様は歯の事を本当に大切に思ってくれている、私達チーム英保歯科の「家族」なのですから。

家族のように大切な人が困っておられる時にお力になれるのは、歯科医療従事者として、いや、人間として、とっても「幸せ」な瞬間なんですよ。

歯根嚢胞を 3Di 根管治療で治療

咬み合わせが悪く、奥歯しか咬んでいないお客様。写真で犬歯から前の方が咬んでいないのがわかりますかね。
当然奥歯ばかり負担が大きく、壊れて虫歯になったりして、右下の6番も大昔に神経を取ってもらったそうです。

1年半位前に、その部分の歯肉がひどく腫れて英保歯科に来院されました。
レントゲン検査で根っこの先に大きな病巣があるのが判明。

歯根嚢胞という病巣で、通常は「歯を抜いて、嚢胞摘出手術をする。後は義歯かインプラントを入れる」という治療方針になります。
英保歯科で行っている 3Di 根管治療のご提案をして、「チャレンジしてみましょう!」という事になり、治療をして銀歯を被せました。
————————————
1年半問題無く経過しているので、本日確認のためにレントゲンを撮ってみたところ、ご覧のように嚢胞が小さくなっています!

これだけの病巣が1年半でここまで縮小すれば上出来です。また何年かして撮影すれば、完全に消失していると思います。
地味に銀歯の被せになっていますが、奥歯の中で最大の歯である6番が今も存在している事は、とてつもなく大きな意味を持っています。

すぐに諦めて、抜歯してインプラントにしなくて良かったですね。自分の歯に優るものはないですからね。

親知らずを早めに抜くのも予防歯科です。(閲覧注意)

「痛くも何とも無いから、親知らずは抜~かないっと。」
それで良いのかしら?

斜めになっている親知らずを放置していた結果、痛みが出て来院されました。
「先生。親知らずが痛いんです。」

痛みの原因は親知らずではなくて、手前の歯が神経に及ぶ虫歯になっていたんです。歯の後ろ側で、しかも歯茎の奥深くに入っている所が虫歯になっており、親知らずを抜いてもちゃんとした修理は不可能です。

相談の結果、ひどい虫歯になっており、きちっとした修復が不可能な歯の方を抜歯することにしました。根っこの付近に巨大な虫歯ができていて、抜歯もやむを得ないですね。

今回は親知らずの移植は、侵襲が大きい割に成功する可能性が低いと判断して断念しました。でも、ひょっとしたら矯正で引き起こす事ができるかも知れないので、親知らずの方は残しておきました。
もしもこの歯を虫歯にしてしまう前に親知らずを抜いて、きちっとした予防歯科治療を受けて頂いていたら、「何も起こらなかった」のだと思います。もったいなかったね。

痛くなくても歯科医院に行って、色々と相談したりアドバイスを受けたりする事が大切だとわかりますね。

親知らずの上手な活用法

英保歯科では時々使う戦略なのですが、12歳臼歯がひどい虫歯になってしまった時に、その7番と呼ばれる歯を抜歯して、後ろにある親知らずを自然に7番の位置に生えるようにさせる事があります。

お客様が10代前半の時。真ん中に見えるのが7番。C2程度の虫歯になっているので治療をしました。
それから10年後。今度は神経に到達するような虫歯にしちゃいました。神経を取って銀歯のかぶせにしたところで、一生持つ訳もなし。相談の結果、7番を抜歯することにしました。
それから更に10年後。親知らずが7番の位置に自然に下りて来ました。虫歯の無い歯がいい感じで生えて来て、ラッキーですね。

この方法の欠点は
①100%良い位置に生えてくるという保証がないこと。
②7番に比べて親知らず(8番)は、歯のサイズが小さいし、歯根も短く頼りない事が多い。

この方法の長所は
①無垢の歯がまた生えてくるので、予防をして大切にしてやれば一生使える。
②骨の中に埋もれた親知らずを抜かなくて済む。
③親知らずによるかみ合わせに対する悪影響などを回避できる。

私が開業した当時、30歳代の頃にこの方法をお客様にお勧めしても半信半疑で、拒否されたり来院されなくなったりした方もおられました。歳を重ねたおかげで、同じ説明をしても、最近は多くの方がこの方法を選択されるようになりました。
でも、一番良いのは7番を虫歯にしないことです。やはり予防が大切ですね。