あっちもこっちも読んでね

今日は神戸市北区から(紹介無しの)全くの初診のお客様がお見えになりました。

英保歯科のホームページと院長日記(ブログ)をお読みになって、英保歯科が良さそう(面白そう)なので行ってみようと思われたとの事。勇気がありますね(笑)。

インタビューの中で、山口県でお生まれになり高校卒業まで過ごされ、京都の大学を出られて、現在は北区の自宅から大阪の会社に勤務されているという事をお話下さいました。
山口県にお住まいの頃の、家庭と近所のかかりつけ歯科医院の両方の、予防歯科の概念の欠如が現在のお口の中の問題を引き起こしている事がわかりました。

3歳のお子様がおられるとの事で、「ブログでも書いていますが、虫歯予防には5歳までが一番大切な時ですよ。」と話すと「そうなんですか?」とのお返事。
「自分に都合の良い所だけでなく、あっちこっちとブログを読んで下さいよ。」とお伝えして、二人で大笑い。

出会ってからたった40分でお互いに冗談が言えるような雰囲気になるのも、お客様が来院前にホームページを良く見て、英保歯科の事を良く理解してから来て下さっているお陰だと感じました。
そして、「今日はこの事をブログに書きましょう。」と私。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初診時のインタビューについて:

どこで生まれてどこで過ごしてきたか?どの歯の治療をいつ頃どこのどの歯科医院でお受けになったか?現在かかりつけの歯科医院はどちらか?何を求めて英保歯科に御来院になったか?などについて詳細にお伺いします。

「問題点を明確にし、お客様のご希望を聞き出して、英保歯科が目の前のお客様のために何ができるのか?あるいは、できないのか?」をはっきりさせるためには、生まれてから現在までのヒストリーをお伺いする必要があるのですが、皆さん不思議なほど気さくにご自身の「(歯の)歴史」をお話しして下さいます。

インタビュー終了後、多くの場合は「今までこんなに聞いてもらった事はなかった。」との御感想を頂戴します。そして、検査とインタビューと説明だけで40分が過ぎ、「今日はこれだけで終わりますね。」と言っても誰も怒ったりされません。来院前に英保歯科のホームページで英保歯科のプリンシプルを良く理解して下さっているのでスムーズです。インターネット様様ですね。

最近頑張って毎日ブログを書いているのは、このように「英保歯科と新規のお客様のマッチング」がスムーズに行く事を願ってなんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「痛くなったら保険証持って歯医者に行って治してもらう。」その考え方って本当に正しいのでしょうか?

英保歯科は今までの歯科医院へのかかり方の既成概念(日本人だけのガラパゴス的常識)を完全に捨てる事ができて、上のステージ(世界標準)に行いたい方のために存在しています。

英保歯科は、「お客様の歯と人生を守るために」歯科医院側も頑張りますが、お客様にも頑張って頂く所が多い歯科医院です。

これらを理解して頂くためにも、ホームページを熟読頂けると幸いです。

年齢なんて関係ないね。

若い人でも凄い人もいるし、年を取っても全然ダメな人もいますが・・・。

瞬き back number

幸せとは 星が降る夜と眩しい朝が
繰り返すようなものじゃなく
大切な人に降りかかった雨に傘を差せる事だ

若い人達がこんな素晴らしい詩を書けるなんて、今の若い人はバブル以降で色々と苦労したり、先行きが不透明な日本と世界と地球の未来に正面から向き合って、深く考えている人が少なからずいるんだなと感じました。

自分の若かった時の事を思い出すと、隠れてしまいたいくらい、恥ずかしいですね。

私はキリスト教徒ではないのですが、最近様々な縁があって、キリストの愛について学ぶ機会を多く持っています。博愛について勉強して勉強して勉強して、やっと今の年齢で今のような考えになれたのですが、今の若い人に負けている感じがして恥ずかしい限りです。

昨日も歯科関係の業者(ノーベルバイオケアの方)さんで30代の方と1時間以上お話していたのですが、お互い学ぶ所が多く、まさに「対等の友達」のような感じです。
私は、年下でも尊敬できる人は心から尊敬できて、彼等から素直に学ぼうとするし、年上でもダメな人からはキッチリと距離を置く事を是とする傾向があるようです。
これって、日本人としてはユニークな方だと思いませんか?

体も心も温まる

今日は本当に寒いですね。でも心温まる出来事がありました。

英保歯科のお客様は優しい方が多いんですよ。

豊岡から来て下さるある女性は、手作りのお菓子を持って来て下さったり、家庭菜園をされているけやき台の方はちょくちょく無農薬野菜を持って来て下さったり。旧市街から来て下さる方は、お醤油を下さったりしたなあ。
竜野からお見えになるお客様は「竜野の醤油饅頭」を持って来て下さいます。あんこ好きの私には、本当に有難い事です。
他にも三田の地酒を頂いたりした事もあります。「私、お酒は飲まないんです。」とは言えなかったけどね。


今日は大阪にお店をお持ちの女性(けやき台在住)が、ご自身がお好きなコーヒー屋さんの豆を持って来て下さいました。
私がコーヒー好きで、毎朝出勤後に豆を挽いて大きなマグカップにコーヒーを淹れて、午前中ずっとチビチビ飲みながら仕事をしているのを御存知なんです。
優しいお客様に愛され、気を遣って頂いて本当に幸せです。プレゼントってその中に入っている心が嬉しいですよね。
今日は、その美味しいコーヒーで身も心も温まりました。

城崎のお土産も頂きましたよ。カニの漁港の柴山港ってご存知ですよね?もし行った事がなければググって、雪が積もる前にドライブで行ってみて下さいね。私も時々行きますよ。

体も心も侵される

タイの僧侶が大変な事になっているようです。

お布施で頂く食べ物が、濃厚なカレー、砂糖たっぷりのお菓子、炭酸飲料、塩辛いスナックなど、高カロリーで不健康なものが多いので太って困っているそうです。下にリンクを貼っておきますね。

メタボに苦しむタイの僧侶、半数近くが肥満とのデータも

砂糖の摂取が多くなると、体重と虫歯が増えるだけでなく、精神にも悪影響を与えるので、僧侶が「ぶれない瞑想」を長時間続ける事も難しいのではと想像します。

でも、出家したのが青年期以降で、それ以前に砂糖をあまり食べていなければ今から「断砂糖」も可能なはず。

タイの僧侶は「真剣に仏教を追求する」本物の人が多いと聞きます。何とか昔のように戻ってもらいたいものです。

ジプシーのように

けやき台にお住いのミドルエイジの女性ですが、大阪の審美歯科でひと通りの治療が完了した後も歯の調子が良くないので、英保歯科に帰って来て下いました。(昔、英保歯科に来て頂いた事があるそうです。)

咬み合わせの問題を放置したまま、ただ単に「白い歯」にしただけでは、根本的な原因解決になっていないと判断して、一から再治療を行う事としました。彼女も私もお互いに「トホホ・・・。」ですね。

英保歯科のネットワークを駆使し、ちゃんとした矯正歯科医院で成人矯正を受けて頂きながら、修復治療とインプラントは英保歯科で受けて頂く予定で、治療計画を立案し、スタートしました。長い、長い、道のりです・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ある日、ルーペを使って彼女の虫歯の精密治療を行った後、このような会話がありました。

彼女:「ここまで丁寧にやってもらえる歯医者は無いと思います。多くの患者はどこの歯医者に行ったら良いかわからず、ジプシーのようにさまよっているのが実情です。もっと広告されたらどうですか?」

私:「ありがとうございます。実は、今後、英保歯科は英保歯科のファミリー・メンバーと、その御紹介のお客様のためだけに存在するようにするつもりなんです。そのためにホームページも派手さを無くして、コンビニ側の看板も降ろしました。」

彼女:「・・・。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

医院の広告に関してですが、英保歯科は看板の無い小さなレストランのように、既存のお客様の(対面の)口コミだけを頼りにしています。
「この人には(普通の歯医者より)英保歯科の方が合う。」という方がおられましたら口コミでご紹介をお願いします。

そして、「英保歯科の事は英保先生のブログをしっかりと読んだらわかるよ。」と言ってあげて下さい。

 

Callan Method

オンライン英会話、一応続いております。
仕事が終わった後の夜は元気が残っていないので、朝の7時30分から25分だけ、英国で開発された Callan Method という方法の授業を受けています。簡単な文章でも即答を求められると結構難しいですね。
フィリピン人の先生は概ね真面目に教えてくれます。一生懸命、熱心にやってくれて有難いですね。
先日、日本でも移民法案が可決したようですが、このようなアジア人の女性が日本の医療機関で働くのが普通になる日も近いのではと、本気で思っています。日本の少子高齢化は半端じゃないので、医療、介護、福祉関係はアジアの人々のマンパワーに頼るようになるのでしょう。時代の流れですね。

でも、そうしたら「英語での話し相手が増えて良いのになー。」と、常に前向きな私でした。

庭の断捨離進行中

英保歯科では2年前から断捨離を行い、色々な良い事が起こってきております。

味をしめた院長(私)は建物の周囲の植栽も断捨離する事にしました。
ジャングルのようになっていた庭を完全にリセットして、わずかな植物だけでシンプルに「今の英保歯科」を表現してみたいと思っております。
年内には工事が完成し、緑が茂る春頃には違った表情の英保歯科を楽しんで頂けると思っています。
乞うご期待。

バッターは3番と4番。歯は3番と6番。

歯科医師が歯の事を「何番」と番号で呼んでいるのを御存知ですね?

上下左右の一番前から順番に「1番・2番・・・」で最後が「7番」になります。例えば右上の奥から2番目の歯は「右上6番」です。親知らずは「8番」です。
歯の中で一番大きい歯が6番です。奥から2番目の歯です。7番は6番に比べて少し小さいですよね。

7番を失ってしまって放置していても、6番さえしっかりしていたら、まあ、大丈夫と言えば大丈夫です。

ところが、6番を失ってしまうと問題は大きくなります。6番は大黒柱なんです。放置すると咬み合わせの崩壊が始まります。

犬歯は3番です。犬歯は動物で言うところの「牙(きば)」になります。牙を抜かれた獣はもう獲物を捕らえる事ができずに死を待つのみとなります。上下の犬歯がしっかり咬んでいる事が、生涯に渡って咬合を保全するために非常に大切です。

ですから上下左右の3番と6番、計8本は「Key Tooh(機能的にも、正常な咬み合わせを保全するためにも、鍵となる歯)」と呼ばれています。

6番は6歳臼歯、7番は12歳臼歯です。6歳で生えてくる永久歯(6番)を死守するためには5歳までの食生活習慣が鍵です。乳歯をドンドン虫歯にしているような食生活では、6歳で生える6番が虫歯にならない訳がありません。

3番、すなわち犬歯は「八重歯」になる歯です。「広末涼子のような八重歯がかわいい」などと言っていられるのは若いうちだけです。八重歯を放置していては、大人になってからはずーっと歯の悩みを抱えて生きていくようになります。聖子さんが何度も世界的に著名な歯科医師(一人目は米国UCLA大学の日本人歯科医師、現在は慶応大学病院の歯科口腔外科教授)と結婚している理由は、彼女が若い頃にデビューして八重歯を放置せざるを得なかったために、大人になってから、我々の想像を超える歯の悩みとコンプレックスを持っていたためである可能性があります。ですから、自分の歯の悩みを何とかしてくれるような人に惹かれるのではないかと、私は想像します。

「八重歯と受け口」は子供の頃にきちっと矯正をしておかなくてはなりません。
三田では「あらがき矯正歯科」で矯正を受けて下さい。

 

9520でしょ?

8020運動はご存知ですよね。「80歳で20本の歯を持っているように頑張りましょう」というスローガンなんですが、ホントにそれで良いのかな?

28本全部の歯が揃っています。80歳で全部の歯が揃っていたら8028ですね。

4本失って24本になりました。8024ですね。まだ何とか嚙めそうですね。

8本失って20本になりました。これが8020なんですが、まともに嚙めそうですか?人生100年になろうとしている今、80歳を超えてからこそ、体に良い、栄養バランスの良い食事を良く噛んで食べないといけないのですが・・・。

80歳の目標は24本で8024、95歳位でやっと20本の9520を目標とするのが良いと、私は思います。
理想は「一生28」なんですけどね。

Good Job!

ある、ファミリーステータスのお客様。奥歯が欠けたとの事で御来院頂きました。奥様が「欠けた物を牛乳に漬けて持って行ったら?」とおっしゃったそうで、そのようにして持参して下さいました。

牛乳の中から取り出してみると、金属のかけらが中心でしたので、今回は、この欠けたパーツを使う事はありませんでしたが、「念のために牛乳に漬けて」という考えは正しいのです。特に前歯のご自身の歯の部分が、大きく一塊で破折した場合は、状況が許せばパーツの塊を医療用接着剤で接着できる場合もあります。

お伺いしたところ、「英保先生のブログをしょっちゅう読んでいるので、そのような知識がありました。」との事。ご愛読頂きありがとうございます。
ブログの毎日の更新は、なかなか大変ですが、そのように言って頂けると「頑張って更新しよう」と思います。これからもご愛読の程宜しくお願い致します。